来杉有朱役を演じる吉岡里帆/(C)TBS

写真拡大

TBS系'17年1月期火曜ドラマ「カルテット」に、連続テレビ小説「あさが来た」にも出演し、ブレーク中の吉岡里帆の出演が決定した。

松たか子5年ぶり連ドラ出演となる「カルテット」

「カルテット」は、「Mother」('10年日本テレビ系)や「最高の離婚」('13年フジテレビ系)、「Woman」('13年日本テレビ系)など、数々のヒット作を手掛けた坂元裕二の完全オリジナル作品で、冬の軽井沢を舞台に巻き起こる大人たちの人間ドラマを描いた物語。人間ドラマの名手・坂元と、松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平、4人の俳優陣のコラボレーションが実現した。

吉岡が演じるのは、真紀(松)ら“カルテット”の4人が訪れるライブレストランの従業員・来杉有朱(きすぎ ありす)役。元地下アイドルで、どこかミステリアスな雰囲気を帯びた魔性の女性で、接客業であるが故に、常に笑顔を絶やさずにいるが、その目は全く笑っていない…という一風変わった役柄だ。

「あさが来た」での好演が話題を呼び、今やドラマ、バラエティーなど幅広い分野で活躍する吉岡。民放連続ドラマへのレギュラー出演は、今作で4クール連続となる。

【吉岡里帆のコメント】

子どもの頃から、映画やドラマで見ていた大好きな先輩方と共演できることを心よりうれしく、誇らしく思います。脚本家の坂元裕二さんの作品は前のめりになりながら見ていました。夢のようなお仕事です。かみ締めて、春を迎えるまで軽井沢の寒空の下、この作品と向き合っていこうと思います。