神奈川の会のメンバーの踊り(日本肺がん患者連絡会のウェブサイトより)

写真拡大

肺がん患者らでつくる日本肺がん患者連絡会は2016年11月30日、ピコ太郎さんの「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」の曲に乗って、受動喫煙防止を訴える啓発動画を同会のサイト内で「キャッチフレーズはSSAK」として公開した。

踊っているのは同会の会員たちで、加盟する神奈川、兵庫、北海道、福井、三重の5つの患者会ごとの動画がある。

同会のウェブサイトによると、動画のタイトルは「PPAP」をもじった「SSAK」。「ストップ・ストップ・あかん・煙」の意味だ。会のメンバーがそれぞれ「PPAP」の曲で踊りながら替え歌を歌い、「STOP!受動喫煙」とアピールする。

このうち神奈川県の患者会が作った動画では、横浜ベイブリッジを背景に、たばこと横浜名物のシュウマイ、カマボコを持ちながら、こう歌っている。

「アイハバ・たばこアイハバ・シュウマイシュウマイの方がおいしいよ♪」
「アイハバ・たばこアイハバ・カマボコカマボコは神奈川産ね〜♪」
「受動喫煙は思いやりでやるんじゃなくて他人を傷つけるからストップ!受動喫煙♪」