「Microsoft HoloLens」(ホロレンズ)

写真拡大

日本マイクロソフトは、Windows10を搭載したホログラフィック・コンピュータ「Microsoft HoloLens」(ホロレンズ)の予約注文を2016年12月2日に開始した。17年1月18日から順次出荷する。価格は開発者向けの「Development Edition」が33万3800円(税込)で、法人向けの「Commercial Suite」が55万5800円(同)。

ホロレンズは携帯電話やパソコンといった外部機器と接続する必要のない、ワイヤレスで使用できるヘッドマウントディスプレイ(HMD)だ。透過ディスプレイを通し、現実の風景にホログラム(3Dデジタルコンテンツ)を出現させる。

内蔵センサーを搭載しており、視線や頭の動きに合わせてカーソルが動く。操作も簡単で、単純なジェスチャーや話しかけに反応するよう設計されている。

ホロレンズの技術はいくつかの企業に既に導入されている。日本航空は運航乗務員訓練生や整備士訓練生向けに、補助的なトレーニングツールをホロレンズで試作した。目の前の機械に内部の映像を重ね合わせたり、ジェスチャーでマニュアルを呼び出したりすることができるという。

平面のテキストから3次元の立体形状を把握するのは簡単なことではないが、ホロレンズを活用することで格段に理解が進む。従来の学習スタイルを一変する技術として、世界中が熱い視線を注いでいる。