「宮本恒靖VS松木安太郎 クラシコ直前対談!」で、“クラシコ”の魅力を語り尽くす宮本と松木/(C)WOWOW

写真拡大

WOWOWライブにて12月3日(土)深夜0時より、スペインサッカーリーグ「リーガ・エスパニョーラ」の伝統の一戦“クラシコ”が、現地から生中継される。

【写真を見る】二人はメッシやスアレス、ネイマールの生かし方に注目する/(C)WOWOW

“クラシコ”とは、「リーガ・エスパニョーラ」で2強を誇る、FCバルセロナとレアル・マドリードの直接対決のこと。世界中のサッカーファンが注目する一戦を前に、サッカー解説者として活躍する宮本恒靖と松木安太郎がその魅力を語った。

まず、二人はバルセロナが擁する最強の攻撃陣「MSN(=リオネル・メッシ、ルイス・アルベルト・スアレス、ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオールの名から1字ずつを取った呼称)」に言及。

松木が「(FCバルセロナは)MSNにボールを配給し、気の利いたプレーができていた(アンドレス・)イニエスタがいないのが痛い。バランサーがいない」と語ると、宮本もこれに同調。

「バルセロナはスタイルを変えられないので、イニエスタがいないとボールを前に出せなくて、MSNを生かしきれない可能性もある」と指摘した。

一方で、レアル・マドリードについては、松木も宮本も「バランスの良さ」を強調した。主軸となっていたガレス・ベイルを欠く状態だが、そのことはかえってプラスに働いているのではないかと分析。

宮本は「ベイルがいなくなったことによって、今までになかったバランスのいいやり方を見つけたように思う」と話す。

では今回の“クラシコ”はレアル・マドリードが有利…かと思いきや、勝敗予想となると、二人そろってFCバルセロナの勝利を予想。今シーズン初のクラシコはバルセロナのホームである“カンプ・ノウ”で行われる。それが勝敗に大きな影響をもたらすというのだ。

この対談の模様は、試合直前の12月3日(土)昼4時30分より、「宮本恒靖VS松木安太郎 クラシコ直前対談!」(WOWOWプライム)で無料放送される。日本代表への熱い思いから、“クラシコ”の裏話まで。台本無視の松木節も飛び出すトークで、特別な一戦を盛り上げる。