ビッグバン★セオリー

写真拡大

2007年の放送開始以来、高い人気を誇るコメディドラマ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』。視聴率ランキングでは毎回上位入りする大ヒットシリーズとして知られる今作だが、残念ながら打ち切りの噂が絶えないのはなぜなのだろうか?

アメリカでは今年9月からシーズン10の放送がスタートした『ビッグバン★セオリー』。日本でも大人気のシットコム『フレンズ』が10年で幕を閉じたことから、今作がどれほどの人気なのかは想像ができるだろう。シーズン11への契約に向けキャストと交渉中だと伝えられているが、下記2つの問題が浮上していると米Hello Gigglesは伝えている。

理由1:ケイリー・クオコが女優業休止を希望?

シーズン11の契約更新に時間が掛かっている理由の一つは、ペニー演じるケイリーにあると噂されている。7歳の時から子役として活躍するケイリーは、女優業を一旦お休みし家庭を築きたいと思っているそうだ。

理由2:ジム・パーソンズが忙しすぎる?

以前、当サイトでもお伝えしていたがシェルドンを演じるジムは米CWが新たに企画するSFドラマ『The Terranauts(原題)』で製作を務めるだけでなく、一風変わったカップルのコメディドラマ『Lance 2.0(原題)』、病院を舞台にしたコメディ『Lakeside VA(原題)』やシェルドンの少年時代を描くスピンオフシリーズを手掛けることも明らかとなっている。そのため、『ビッグバン★セオリー』に出演する時間がないのでは? とファンから心配の声が上がっているのだ。

愛すべきギークたちの楽しい日常を見届けていたいという思いがあるだけに、ぜひともまだまだ続いて欲しいシリーズだが、今後も続報が入り次第、随時お伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)