2019年のラグビーワールドカップに向けて、元日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)が就任し、新たなスタートを切ったラグビー日本代表。11月に行なわれた親善試合では、アルゼンチン代表(20−54)、ジョージア代表(28−22)、ウェールズ代表(30−33)、フィジー代表(25−38)と対戦し、1勝3敗という結果に終わった。ただ、敵地のウェールズ戦で終了直前まで同点という善戦も演じ、手応えと自信を得た船出となったといえる。

 そんな「ジェイミー・ジャパン」こと新生ラグビー日本代表で特筆すべきは、FL(フランカー)のポジション「7番」を、世界的に見れば「小兵」である日本人選手が背負ったことだった。

「6番」「7番」のFLと、No.8(ナンバーエイト)3つのポジションは、「第3列(バックロー/サードロー)」と称される。常に接点の近くでプレーし、タックルやボールキャリアなどを繰り返し、フィジカルはもちろんのこと、機動力と運動量も求められ、ラインアウトのジャンパーも務めることがある。そのため、世界の強豪では身長190cm以上、体重100kg以上のアスリートがこのポジションに集まる。

 ジョセフHCも、2015年のワールドカップで3勝を挙げたエディー・ジャパンの強みは「第3列だった」と振り返っている。ただ、11月の親善試合では昨年のレギュラー格だった選手が参加しなかったこともあり、「新たなリーチ(マイケル)、ツイ(ヘンドリック)らを探さなければならない」と、キッパリと明言していた。

 ただ、早い反応やアンストラクチャー(崩れた局面)からスピードを活かしたラグビーを目指すジョセフHCは、「日本人選手でいえば、小さい選手のほうがタフで勇気がある場合がたくさんある。小さいサイズを逆にアドバンテージにして、接点での低いプレーで相手にプレッシャーをかけてほしい」と、FLの「7番」のポジションに3人の日本人選手を招集した。

 その3人とは、トップリーグで首位を走るヤマハ発動機ジュビロでキャプテンを務める三村勇飛丸(ゆうひまる)、パナソニックワイルドナイツで存在感を示す布巻峻介、そしてリコーブラックラムズでルーキーながらトライを量産し、No.8でもプレーする松橋周平だ。3人とも身長は180cm弱、体重は96〜99kgと体格的にはほぼ同じである。

 そのなかでも、特にコーチ陣やファンに印象的なプレーでインパクトを残したのは、24歳・布巻と23歳・松橋の若手ふたりだった。

 布巻と言えば、「花園」こと全国高校ラグビーで2連覇を果たした東福岡高時代のイメージが強いかもしれない。ただし、当時はSO(スタンドフ)やCTB(センター)などBKとしてプレーし、2年生で高校日本代表にも選出された逸材だった。父親がコカ・コーラウェスト(現コカ・コーラ)の選手だったこともあり、4歳からラグビーに親しんできた布巻はスキルや判断に優れており、早稲田大3年のときから「FLのほうが自分は生きるし、(ラグビーは)試合が始まったらポジションは関係ない」と、ポジションを変える決意をした。

 ジョージア戦で先発して初キャップを獲得した布巻は、「常に動き続けろ!」という指揮官の期待に応え、190cm以上の選手が揃う相手にタックルしては起き上がり、すぐに次のプレーに備える献身的な動きで勝利に貢献。そしてふたたび先発したウェールズ戦でも、前半37分には布巻の真骨頂ともいえるプレーが光った。

 周りとのコミュニケーションを取りながら前に出てタックルを仕掛け、相手の攻撃を混乱させることによってWTB(ウイング)山田章仁のトライへとつなげたのだ。この試合、布巻は59分間の出場にとどまったが、タックル数は両チーム合わせて2位タイの15回(1位は80分出場したNo.8アマナキ・レレィ・マフィ)。日本代表チームはタックルして起き上がる回数のデータも取っており、それはチーム1位を記録していたという。

 そしてもうひとり、プレー時間はあまり長くはなかったものの、ベンチから3試合に出場したのが松橋である。明治大出身で、今シーズンからリコーに加入してルーキーながらNo.8として先発し続け、トップリーグの前半節9試合で8トライをマーク。トライランキングでは3位、しかもFWの選手ではトップという攻撃力を示し、堂々の日本代表入りを果たした選手だ。

 小学校1年からラグビーを始めた松橋は、主にBKとしてプレーしていたという。市立船橋高に進学し、花園こそ出場できなかったものの、千葉県の公式戦で14年間無敗だった強豪・流通経済大柏高の連勝を135で止めたときのキャプテンだ。明治大に進学すると、1年生時から活躍。突破役として目立っていたが、ケガの影響もあり、明治大では完全燃焼できなかった印象がある。

 松橋は社会人に入る前の今年2月、オーストラリアのブランビーズに留学した。期間は1ヵ月だったが、トップ選手と練習を積むことで、「海外選手のスピード、フィジカル、強さをそれまで経験したことがなかったので、それができました」。こうした努力が今年のトップリーグ、そして今回の国際舞台での活躍につながった。

 リコーではNo.8でプレーしているが、ジョセフHCからは「7番・8番の両方で考えている」と言われたたという。「僕の強みを生かせるのは、ジャッカル(※)もしなければいけない7番のほうだと。No.8とそんなに違和感はないですし、そんなに負担にはならない」と言っていたとおり、出場した3試合ではトライこそ挙げられなかったものの、ボールを持ったらしっかりと前に出て、得意のジャッカルも見せた。

※ジャッカル=タックルを受けて横たわっている選手に対し、上半身を覆いかぶせてボールを奪い取るプレー。猛獣に襲われた動物の肉を漁るジャッカルのような動きが由来。

 大きな体格を誇る世界の強豪FL陣と戦って、「小兵」のふたりはどう感じたのか。

 布巻は「自信がつきました。本当に無理という感覚はなかったし、自分のやってきたことに間違いはなかったと思います。ただ、止めることが精一杯で、ボールが獲れなかった」と語れば、松橋は「(身体の小ささは)そんなに気にする必要はなかった。そこが強みだったりするので、気にせずやれました。ただ、もうちょっと体重を上げながらも走れるようになりたい」と述べる。ともに、世界の舞台で真剣勝負を戦うことでしか得られない自信と課題を口にした。

 新しい指揮官のもと、大事な初めてのテストマッチシリーズでプレーした布巻と松橋は、ジョセフHCに好印象を与えることができたと言えるだろう。もちろん新生日本代表としても、2019年のワールドカップに向けて大きな一歩になったことは間違いない。

 布巻・松橋の両FLは、小さいながらもスキルの高さ、身体の強さで世界と戦えるポテンシャルを見せ、さらなる成長を大いに期待させる。ふたりは12月から再開するトップリーグで切磋琢磨し、個人能力を上げ、2019年のワールドカップ出場を目指す。

斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji