“ギャップ萌え”を超える圧倒的1位は?彼女に対して「女の子」を再認識する瞬間BEST8

写真拡大 (全2枚)

どんなに仲良くなっても、いつまでも彼には「女の子」として扱ってほしいですよね。
では、女性としてずっと彼に愛されるためには、どんなことに気を付ければいいのでしょうか?

そこで今回は、20〜30代男性を対象に『彼女に対して「やっぱり女の子なんだな〜」と再認識する瞬間は?』というアンケートを実施!
それぞれの理由とともに、気になる結果をランキング形式で発表します!

●第3位:部屋がきれいに片付いている

『常に整理整頓を心掛けていると、清潔感があって女性らしく感じる』(33歳/会社員)

『女の子の部屋はキレイであってほしい。男の自分の部屋と違って、綺麗な部屋である幻想を壊さないで』(24歳/事務)

『女子は少なくとも人がお邪魔する時、部屋を片付けるという固定概念がある』(29歳/システムエンジニア)

第3位は、部屋がキレイに片付いているとき。
「部屋」はその人の日常生活や人柄 が滲み出るもの。
彼女の部屋が自分の部屋よりも汚い……となると、彼に幻滅されてしまう恐れも。

しかし、キレイな部屋であれば更に惚れ直すこと間違いなし!
普段忙しくて部屋が荒れがちな人も、彼が来るときは最低限の掃除をしておきましょう!

●第2位:ヒールを脱ぐと背が小さい

『女性らしさの特徴として。男性とは違うな〜と比べてしまう』(28歳/接客業)

『見た目とのギャップに、あれこんなに小さかったっけ?かわいい!と感じる』(35歳/販売業)

『ヒールは女性しか履けない。特にピンヒールが好きです。自分には履けない特別な靴ですから』(37歳/無職)

第2位は、ヒールを脱ぐと背が小さいとき。
ヒールを履いた前後と比較して、「あれ、思ったより小さい?」と、そのギャップにかわいらしさを感じてしまう 模様です。
普段あまりヒールを履かない人は、“ギャップ効果”を狙って彼をキュンとさせてみましょう!

●第1位:いい匂いがする

『ふとした時、いい匂いがすると、ああ〜女の子の匂いだ〜と感じます!』(27歳/事務)

『すれ違っていい匂いがする女性には振り返ってしまいます。清潔感のある女性だとうっとり』(31歳/自営業)

『男子校で育ったため、フローラルの香りが女性の香りだと覚えました』(26歳/食品製造業)

第1位はいい匂いがするとき。
ここでポイントなのは、“ふとした時” に香るさりげなさ。
ドギツイ香水の匂いというよりは、シャンプーなどのさりげない柔らかな香り に「女の子だな〜」と再認識する男性が多くいました。

●彼女に対して「やっぱり女の子なんだな〜」と再認識する瞬間ランキング

ランキング結果は以下のようになりました。

■彼女に対して「やっぱり女の子なんだな〜」と再認識する瞬間は?



・1位:いい匂いがするとき……33.3%(56人)
・2位:ヒールを脱ぐと背が小さいとき……14.9%(25人)
・3位:部屋がキレイに片付いているとき……13.7%(23人)
・4位:甘いものを美味しそうに食べるとき……10.7%(18人)
・5位:ハンドクリームを持ち歩いているとき……9.5%(16人)
・6位:すぐに感動して泣いてしまうとき……8.3%(14人)
・7位:カバンの中がキレイに整頓されているとき……5.4%(9人)
・8位:なんでもかんでも「カワイイ」というとき……4.2%(7人)



----------

いかがでしたか?
様々な意見がみられましたが、上位の項目に共通するのは、いい匂いや片付いた部屋などの“清潔感”。
また、男性にはない「かわいらしい」一面を彼女に求めている人が多くみられました。

このBEST8は心掛ければ簡単に出来ることばかり。
ずっと「女の子」認定されていたいそこのあなた!
今日から意識して実践していきましょう!

※アンケート方法:インターネット調査
※有効回答者数:168人
※集計期間:2016年11月27日〜2016年11月30日

(文/恋愛jp編集部)