EXO ディオ、俳優としての実力を見せつける!「ボクらのラブ♡アカデミー」再生回数4200万回を突破

写真拡大

EXOのディオ(ド・ギョンス) が出演したウェブドラマ「ボクらのラブ♡アカデミー」が、累積再生回数4200万回を超える記録を打ち立てた。

ディオの出演で放送前から熱い関心を得ていた「ボクらのラブ♡アカデミー」は1日、本編基準で再生回数4200万回を突破し、メイキング映像を含むと4500万回を超えた。「ボクらのラブ♡アカデミー」は、今年10月31日から11月4日までNAVER tvcast、YouTube、Daum tv Pot、Facebookで合計6回放送され、11月18日ウェブドラマ史上最高の再生回数3000万回を記録した。

特にハツラツとしたキャラクター“ファンドン”役を担ったディオは、一風変わった演技で視聴者を魅了している。ポジティブな力で困難な環境を乗り越えていく映画学科4年生たちのドタバタ成長ストーリーで、多くの人々から共感を得て、現在までも続けて良い反応を得ている。

またディオ主演の映画「あの日、兄貴が灯した光」も11月23日に公開され、上映から4日で100万人の観客を動員している。11月28日からこれまでボックスオフィス1位を固守するなど、ヒット街道を走っており、スクリーンでも通じるディオのチケットパワーを証明してみせた。

ディオはEXOの活動で歌手としての優れた力量を認められ、SBSドラマ「大丈夫、愛だ」をはじめ映画「明日へ」「UNFORGETTABLE」に出演し、安定した演技を見せ好評を得た。また映画「神と共に」にハ・ジョンウ、イ・ジョンジェ、チャ・テヒョン、マ・ドンソクらと共にキャスティングされるなど、歌手と俳優の境界線を行き交う輝かしい活躍を繰り広げている。