アジアを代表する香港アクション
スターが「スター・ウォーズ」参戦 (C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

写真拡大

 人気SF「スター・ウォーズ」シリーズの新作「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」で、アジアを代表する香港アクションスターのドニー・イェンが演じる盲目の戦士チアルート・イムウェの特別映像が公開された。

 “宇宙最強”の異名をとるイェンが演じたのは、ジェダイが滅びたとされる時代にフォースを信じる武術マスター、チアルート。特別映像では、特技とする変幻自在の棒術で、背後に潜むストームトルーパーの集団をなぎ倒す“銀河最強”のアクションを披露。「恐れることはない。フォースの導きに従うまで」と確固たる信念のもと、帝国軍の究極兵器デス・スターの設計図を盗む不可能なミッションに挑む極秘チーム“ローグ・ワン”の一員として、どのような活躍をみせるのか期待の高まる内容だ。

 幼少から太極拳などを学び、俳優だけでなくアクション監督としても手腕を発揮するイェンにとって盲目の戦士という設定は以前からやってみたいアイデアだったようで、イェン自らギャレス・エドワード監督に提案。エドワード監督も「それは良い! 素晴らしいアイデアだとドニーと一緒になって盛り上がったんだ」と振り返った。

 同シリーズで初めてアジア系俳優として主要キャストに起用されたイェンは11月30日(現地時間)、米ハリウッドのTCLチャイニーズ・シアターで、スターの証の手形を残すセレモニーに出席。「私のキャリアのなかで忘れられない日」と喜び、「フォースは私たちとともに、フォースは皆さまとともに」とコメント。同作のプロデューサー、キャスリーン・ケネディは、「素晴らしい才能でアクション映画の頂点に君臨したドニーを、『スター・ウォーズ』ファミリーに迎えることができて光栄です」と祝福した。