写真提供:マイナビニュース

写真拡大

グルメバーガー専門店「Made in hands(メイドインハンズ)」(神奈川県横浜市港北区)はこのほど、新メニュー「Carnival(カーニバル)」(税込1,600円)を発売した。

「Made in hands」は店名の通り手作りにこだわっており、10日間熟成させて作るベーコン、国産全粒粉を用いて毎日店で焼き上げるバンズ、果物をふんだんに使用した甘酸っぱいバーガーソースなどで仕上げたハンバーガーを提供している。また、保存料などの添加物も使用していないという。

今回発売した「Carnival」は、"牛・豚・鶏肉を一度に頬張れる"というハンバーガー。ビーフ100%のパティ160g、スパイシーなチキングリル160g、自家製ベーコン50gが挟まれており、肉だけで重量350gを超える。さらにバンズ、トマト、レタス、オニオン、オリジナルソースを加えたハンバーガーとしての重量は約500gで、さらにフライドポテトが付く。

同店の近くに大学があることから、当初は"思う存分肉を食べたい学生"に向けて開発したメニューだという。しかし、発売後は年齢・性別を問わず幅広い世代からオーダーが入っているとのこと。各日数量限定での提供となる。

(エボル)