中国で死刑判決を破棄 証拠不十分で無罪も21年前に銃殺刑執行

ざっくり言うと

  • 中国の最高人民法院は2日、1995年に死刑となった男性の死刑判決を破棄した
  • 「裁判で取り上げられた事実関係は不明確で証拠として不十分だった」と説明
  • 中国の刑事裁判の有罪率は99.92%で、警察が自白の強要に頼っているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング