1日、中国メディアは、日本のテレビ番組に夫婦で出演した福原愛が反射的に中国語が出てしまったことを伝える記事を掲載した。写真は福原愛。

写真拡大

2016年12月1日、中国メディアは、日本のテレビ番組に夫婦で出演した福原愛が反射的に中国語が出てしまったことを伝える記事を掲載した。

先月、日本のメディアが福原に「国を売るな」と忠告する記事を掲載したことが中国メディアで繰り返し取り上げられ、日本以上に大きな騒動になった。そうした中、中国の自メディア・番茄体育説は、福原が夫の江宏傑(ジャン・ホンジエ)とともに日本のテレビ番組に出演した際の様子を伝えた。

福原は出演したバラエティー番組で、江と卓球のラリーを披露。この中で、スマッシュをミスした江に福原が「不会[口巴](うそでしょ)」と声をかける。記事は、江の通訳も務めていた福原が、この時は意識することなく反射的に中国語が出てきた様子を「どうやら中国語にすっかり慣れているようだ」と表現した。

さらに、「この様子は、日本メディアが先日、『福原愛の中国芸能人化が加速している』と批判したことを思い出させる」とし、「反日行動が物議を醸した郭斌(グオ・ビン)・王楠(ワン・ナン)夫妻と一緒に写真に収まったことで、福原愛にも問題が飛び火した。しかし、福原愛は何も変わった様子はなく、相変わらず中国にも頻繁に訪れ友人と会っている」などと伝えた。

記事は最後に、「中国語は福原にとって第2の言語で、中国には深い思い入れがあるだろうし、中国の劉詩●(リウ・シーウェン。卓球女子世界ランク1位。●=雨かんむりに文)とは姉妹のように仲が良い。福原はいつも他人を気持ち良くさせる笑顔をたたえており、これが中国人が福原愛をこんなにも好きである理由であり、彼らの幸せが続くことを願う理由でもある」と、中国の“福原愛への愛”をアピールしている。(翻訳・編集/北田)