ママになるアマンダ・セイフリード (c)Imagecollect.

写真拡大

30歳の女優アマンダ・セイフリードが、妊娠中の変化について語った。

アマンダは映画『The Last Word』(原題、2016年公開)で共演したトーマス・サドスキーと今年3月に熱愛が明らかになり、今年9月に婚約。そして、アマンダは先日、第1子を妊娠していることが伝えられた。

そんなアマンダはウェブサイト「refinery29」に、妊娠して変化したことについて、「神に誓って、私はテレビの匂いが分かるの」「静電気なメタルっぽい匂いよ。言っている意味分かるわよね?」「1つだけ我慢できないのが、体臭よ。いつもは、大丈夫なの。流れていくのが分かるし、部屋を出ることだってできるわ。でも、もう我慢できないの。すごく難しいわ」と話している。

とはいえ、アマンダは妊娠願望がとてもあったために、こういった変化もたのしみにしていたとのこと。アマンダの生まれてくる子供は男の子だろうか、女の子だろうか。