「育ちがいい男性」の6つの共通点

写真拡大

恋人としても結婚相手としても、申し分ないのが「育ちのいい男性」です。できるだけ早い段階で相手の「育ち」を見抜き、距離を接近させていきたいものですね。そこで今回は、世の女性たちが「この人は育ちがいいな!」と思える男性の特徴について、徹底調査! その共通点を、見抜く際の参考にしてみましょう!

■食事マナーがよい

・「食事マナーが身についている。自然と上品にふるまうことができるので、素敵だなと感じる」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「食事の作法がキレイ。育ちのよし悪しが一番現れるのが食事中だと思うから」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

女性たちのチェック率が高いのが、相手の男性の「食事マナー」についてです。ここがNGだと、どれだけイケメンでもガッカリ……なんてこともありますよね。同じく男性からもチェックされている可能性が高いですから、きちんと勉強しておくのがオススメです。

■言葉遣い

・「言葉遣いがキレイ。暴言をはかない」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「敬語がしっかりできること、すばらしい」(32歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

育ちのいい男性は、間違っても相手のことを「お前」なんて呼びません!? カッとなったときほど、相手の言葉遣いに注目してみて。素の表情から、相手の育ちがうかがえるのかもしれませんね。

■親切

・「物腰がていねい。誰に対しても親切」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「どの女性にもある程度やさしい。普通の男性は美人にだけやさしいから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

周囲に親切にできるのは、子どものころから「それが当たり前だったから」なのでしょう。やさしく育てられてきたからこそ、周囲にもやさしくできる人。「夫」としても「父親」としても、非常に魅力的な存在です。

■清潔感がある

・「服装がしっかりしていること。身なりがキレイな人は素敵」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「ティッシュとハンカチを必ず持ち歩いている」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

男性の中には、パッと見たときの印象だけでファッションを選択する方もいますが、育ちのいい男性は一味ちがいます!? 身につける物の質にまでこだわり、自然と清潔感を醸し出すのでしょう。トイレから出てきたときには、手をどこで拭いているのかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

■成育歴

・「中学校から大学までずっと私立に入っている」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「むかし、ピアノやバイオリンを習っていた」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

学歴や過去の習い事にも、それぞれの「育ち」が影響するものですよね。世間話のついで、といった雰囲気で聞き出しやすい話題ですから、ぜひチェックしてみて。話についていけるよう、きちんと「予習」しておくのもオススメです。

■余裕がある

・「余裕があって、あまりカリカリすることがない」(31歳/その他/その他)

・「言動に余裕がある人のこと。お金にガツガツしていない」(34歳/情報・IT/技術職)

育ちがよくて金銭的に満たされている方は、立ち居振る舞いにも余裕が見られるものかもしれません。相手の本質を見極めたい! と思ったら、あえて「イライラしがちな環境」に相手を置いてみてはいかがでしょうか。きちんと自己制御でき、いつだって相手を思いやれる人は、頼りがいもありそうです!

■まとめ

育ちのいい男性を見抜いたら、次は「選ばれること」も大切なポイントとなります。育ちのいい男性から「この子はちょっと……」なんて思われてしまったら、恋がはじまる可能性は限りなくゼロに近付いてしまいます。コツを頭に入れたら、ぜひ自分磨きもがんばってみてください。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月14日〜2016年11月24日
調査人数:100人(22〜34歳の女性)