1日、台湾の人気アーティストのジェイ・チョウが、タレントの妻が「二重人格」と報じられたことに不快感を示した。

写真拡大

2016年12月1日、台湾の人気アーティストのジェイ・チョウ(周杰倫)が、タレントの妻が「二重人格」と報じられたことに不快感を示した。新浪が伝えた。

【その他の写真】

ジェイ・チョウは1日、台北市で行われたバイクメーカー主催のイベントに出席。このほど妻でタレントのハンナ(昆凌)が多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)を患っていると明かしたことについて語った。

夫婦の間には昨年7月、第一子となる長女Hathawayちゃんが誕生。第二子が期待される中での病気の告白だけに、世間を大きく驚かせた。ジェイ・チョウによると、ハンナは中医学にも頼って治療中で、それに付き添う形で自分も体調管理のため、苦い中医薬を毎日飲んでいるとのこと。医師の指導のもとで、第二子の計画もあることを明かしている。

ハンナについてこのほど、「有名なカメラマンの前だけ笑顔を作る」などと、大手週刊誌が「二重人格」を報じている。これについてジェイ・チョウは、「あまりにくだらない話で言葉も出ない」とコメントし、不快感を示した。こういったバッシング記事について、ハンナ自身は特に気にしていないが、逆に周囲が心配している状態だという。(翻訳・編集/Mathilda)