1日、韓国市民の間で、朴槿恵大統領の弾劾への賛成を促すため、与党・セヌリ党議員らの携帯電話に直接電話やメールをする動きが広がっている。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は朴大統領らの逮捕を求めるプラカード。

写真拡大

2016年12月1日、韓国・マネートゥデイによると、韓国市民の間で、朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾への賛成を促すため、与党・セヌリ党議員らの携帯電話に直接電話やメールをする動きが広がっている。

韓国のSNS上では「セヌリ党議員に抗議電話をしよう、なぜ弾劾に賛成しないのかと圧力を掛けよう」との文章とともに、第20代国会セヌリ党議員128人の携帯電話が共有されている。市民らは公開された携帯電話に直接電話をかけたり、メールを送るなどして弾劾に賛成するよう求めている。

ある市民は法司委員長のクォン・ソンドン議員から受け取ったメールを公開した。同市民は「セヌリ党にはすでに、あのような犯罪者を党内選挙を通じて大統領候補にした罪がある。犯罪者をかばう行為はもうやめてほしい。江陵市の国会議員がクォン・ソンドンであるという事実に恥ずかしくない行動をしてほしい」という内容のメールを送った。これに対し、クォン議員からは「あなたの意見を十分に反映させて決定する。私はこれまで、セヌリ党の中で最も強く弾劾を要求してきた」との返事が返ってきたという。

現在、弾劾のキャスティングボートはセヌリ党の非朴派が握っている。朴大統領の弾劾訴追案が可決されるには、在籍議員の3分の2(200人)が賛成しなければならない。弾劾を推進する共に民主党、国民の党、正義党などの野党と無所属の議員数は172人にとどまるため、弾劾案を通過させるには最低でも28人以上のセヌリ党議員の賛成票が必要となる。

共に民主党のピョ・チャンウォン議員は先月30日、弾劾に反対する国会議員の名簿を自身のSNSに公開した。ピョ議員によると、同日までに朴大統領の弾劾に反対するセヌリ党議員は16人、立場を決めかねているセヌリ党議員は110人。ピョ議員は同名簿をリアルタイムでアップデートすると明らかにしている。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「弾劾は国民の命令だ」
「そんなことをしても無駄。セヌリ党議員が弾劾に賛成するわけがない」

「徹底的に国民の声を無視するセヌリ党。若者よ、投票しよう!そしてお年寄りは目を覚まして!」
「どこで番号を知れる?言いたいことは山積みだ」

「かっこいい。市民らの勇気に拍手。議員らが何をしていても構わない。市民がこの国を変えればいい」
「電話番号のリストを光化門に貼り出そう。デモの時に使えるように」

「とても効率的で良い方法。ピョ議員が良い機会を与えてくれた。みんなで電話をかけよう」
「反対する16人の議員も一緒に弾劾しよう」(翻訳・編集/堂本)