12月2日の東京株式市場で日経平均株価は反落、前日比87円04銭安の1万8426円08銭で取引を終えました。


米雇用統計などを控えて利益確定売りが優勢になった

 12月2日の東京株式市場で日経平均株価は反落、前日比87円04銭安の1万8426円08銭で取引を終えました。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストによると、外国為替市場でドル/円が一時1ドル=113円台半ばまで下落、前日1日の東証取引時間中に比べてドル安・円高が進行したほか、11月米雇用統計を今夜、イタリアの国民投票を4日に控えて利益確定売りが優勢になりました。

 東証1部33業種中、銀行、証券など14業種が上昇、一方、食料品、その他製品など19業種は下落しました。個別銘柄では、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)、三井金属が買われ、ディー・エヌ・エー、SCREENホールディングス(HD)は売られました。

 TOPIX(東証株価指数)は前日比5.29ポイント安の1477.98。東京外国為替市場でドル/円は午後3時現在、1ドル=114円00銭台で推移しています。

(オトナンサー編集部)