子供から高齢者まで、スマホやタブレット、PCを扱う人がかなり増えました。特に学生さんや社会人は画面を見ない日はないのでは? そんな現代人に増加中なのが「若年性老眼」。スマホ老眼とも呼ばれ、若いのに老眼のような症状があって見にくくなるケースが急増しているんです。スマホ老眼の症状や対策方法をご紹介します。

あれ?ピントが合わない…その症状に注意

老眼とは目のピント調節をするための水晶体が加齢により硬くなり、調節機能が衰えて近距離が見えにくくなる症状です。一般的に45歳くらいから症状を自覚することが多いといわれています。しかし、20代〜30代の若年層に同じような症状が現れ「近くのものにピントが合わず視界がぼやける」と眼科やメガネ店を訪れる人が多いのだそう。若年層のピント調節ができにくくなる原因は水晶体ではなく、水晶体を支える毛様体筋の疲労によるもの。近距離だけではなく遠距離が見にくくなることもあります。遠近のピント調節がスムーズにいかないため眼精疲労も進み、頭痛や肩こりの原因になったり、老眼が進んでしまう危険もあるのです。

●1日にスマホを3時間以上操作している
●スマホの操作のあと周りを見たとき、すぐにピントが合わずぼやける
●遠くを見ていたあとに手元などの近距離を見るとピントが合わずぼやける
●朝から昼はよく見えていたスマホの画面が夕方以降になると見にくくなる
●雑誌の文字やテレビの文字が読みにくくなった
●頭痛、肩こり、首こりを感じる

これらの症状があったら、スマホ老眼の可能性があります。眼科を受診してみるとよいかもしれません。

スマホ老眼を防ぐための対策法

長時間スマホやPCの画面を凝視していると目が乾き、近距離にピントが固定されたまま毛様体筋が硬くなってしまいます。スマホやPCの使用中は意識してまばたきをし、1時間に1回は視線をずらして遠くを見るようにしましょう。画面は少しだけ暗めに設定します。スマホと目の距離は常に40cm以上離すようにしましょう。目の前の人差し指にピントを合わせ3秒見たあと、遠くの対象物にピントを合わせ3秒見るのを10回繰り返す「毛様体筋訓練法」も近視やスマホ老眼に効果があります。

今やなくてはならないアイテムになりつつあるスマホ。健康な目と一生お付き合いするためにも、日頃から使いかたに気を配りたいものです。


writer:しゃけごはん