伊豆ぐらんぱる公園「グランイルミ〜2ndシーズン〜」メーンイメージ

写真拡大

静岡県伊東市にある「伊豆ぐらんぱる公園」は、「東京ドーム5個分」の広さと多彩な遊具やアトラクションを備え、伊豆半島のメジャー観光スポットの一つだが、日中ばかりでなく夜も楽しめる「イルミネーションの名所」としての注目が高まっている。このほど、園内の約8万平方メートル(東京ドーム約1.7個分)の特設エリアで「世界で類を見ない」規模のLEDイルミネーションイベント「グランイルミ〜2nd (セカンド)シーズン〜」がスタート。昨年に続く2度目の試みで、2017年8月まで行われる。

「グランイルミ〜2nd シーズン〜」17年8月までのロングラン

特設エリアは、クールな「宇宙」、カラフルな恐竜が待つ「ジュラシック」、ファンタジーな世界が広がる「夢のお菓子」などのセクションが設けられ、そのメーンは「ランタン花畑」。丘のようなった高低差がある一角で色とりどりのLEDライトの花が咲き鳥や蝶が舞う。

ぐらんぱる公園では15年に、開園50周年の記念事業として、11月から10か月間、イルミネーションイベントを初開催。期間中、約20万人が訪れるなど人気を集めたことから「2nd シーズン」開催を計画。前回は200万だったLEDライトの数を400万に倍増させ、会場面積に対するライトの数の割合は「世界でも類を見ない圧巻の高密度」になったという。

光の世界の「体験型」アトラクションも

イベントは「体験型」と銘打たれており、イルミネーションのなかで遊べるアトラクションも用意。宙に張られたワイヤーロープに載せたプーリー(滑車)を使って滑り下りる「ジップライン」や、自転車のようにペダルを踏んで高架のレールの上を進む「スカイサイクル」のほか、搭乗型ロボットの「バトルキング」、長さ110メートルのロングスライダー「ナイトレインボー」などが楽しめる。

冬季の点灯時間は16時30分〜21時30分。入園料は中学生以上1200円、小学生600円、幼児は無料。伊豆半島の東海岸沿いを走る伊豆急行線の伊豆高原駅から東海バスで約20分。同じく伊東市内にある伊豆シャボテン公園と同じ「伊豆シャボテン動物公園グループ」の一つ。