1日、中国がドミニカ共和国との国交樹立を検討していると報じられた問題に関し、中国外交部の耿爽報道官がコメントを出した。

写真拡大

2016年12月1日、中国がドミニカ共和国との国交樹立を検討していると報じられた問題に関し、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官がコメントを出した。環球網が伝えた。

この日の定例記者会見で出た「中国は台湾と外交関係を持つドミニカ共和国と接触し、国交樹立の可能性を検討していると報じられた。詳しい説明は?」との質問に対するもので、耿報道官は「世界に中国は1つだけだ。これは国際社会に行きわたっている共通認識だ」と答えた。(翻訳・編集/野谷)