SUZUKIがEICMAミラノショーにて、ついに250ccのスポーツバイク「GSX250R」を発表しました!「まだかまだか」と騒がれていただけあって、期待できる一台です!

1

スポーツバイクでありながら街中などでも使い勝手がいいというGSX250R。エンジンは水冷2気筒エンジンで、低中速に重点的にパワーを置いています。

ハンドルはセパレートハンドル!セパレートハンドルだと前傾になりがちなイメージがありますが、快適なポジションに設定してあるとか。

確かにステップ位置も低めで長距離も辛くなさそうです。

カウルはかなりスポーティーなイメージでGSX-R1000などと似た雰囲気があります!

スズキの伝統的なスポーツバイクのイメージを継承していますね。テール周りもスッキリとしていてスポーティーな感じがしますね!

欧州向けに2016年冬から発売とされていますが、日本での発売も近々期待できそうです。

噂通り、ミラノショーで発表されたGSX250R。価格は未定ですが、ベースのGSR250から考えると安めの価格設定かもしれません!(あくまで予想ですが)

250スポーツバイクは今でも十分な盛り上がりを見せていますが、スズキも参戦したことによってますますヒートアップしそうです!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

ついに来た!スズキからGSX-Rシリーズのミドルクラスモデル「GSX250R」登場!(http://clicccar.com/2016/12/02/415423/)