世界最大の電波望遠鏡のため住民を強制退去 署名強いられ自殺も

ざっくり言うと

  • 中国で9月、直径500メートルの開口球面電波望遠鏡が一部稼働となった
  • 住民約9000人が強制移転させられ、農薬を飲んで自殺した男性もいる
  • 新華社は7月、移動した住民について「宇宙人に感謝すべき」と報じていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング