ユ・アイン、芸術展示会チケット4000万ウォンを寄付“子供たちの将来のために”

写真拡大

俳優ユ・アインが意味深い歩みを続けている。

ユ・アインは12月23日から「文化駅ソウル284」(旧ソウル駅舎) で開かれる「Davinci Codex」展の広報大使として活動する。ユ・アインは普段から芸術に関心と愛情を持ち、2014年ソウル漢南洞(ハンナムドン) に複合文化空間であるスタジオコンクリートを設立し、若手作家をサポートするなど、大衆と緊密かつ持続的に関わっている。

さらに意味深いのは彼の歩みに関連した善行だ。ユ・アインは2012年美しい財団が行った施設児童給食費「私は子供たちの不平等な食品トレーに反対します」キャンペーンに7700万ウォンを寄付し、話題になった。今回の「Davinci Codex」展でも広報大使として活躍しながら4000万ウォン相当の展示会チケットを美しい財団に寄付したと知られた。

ユ・アインは自身の寄付金が常に“子供たち”のために使われてほしいと言いながら、多くの児童や青少年に文化芸術に接する機会を与えたいという意思を明かした。今回の展示会チケットの寄付を通じて恵まれていない子供たちが文化体験を通じて、もっとたくさんのものを味わい、将来堂々とした主役になる機会を作ってあげたかったという。

今回の展示会で広報大使として活動するユ・アインは「レオナルド・ダ・ヴィンチに対する新しいアプローチと解釈が紹介できるということを、個人的にもとても光栄に思っている」と説明した。また「レオナルド・ダ・ヴィンチの、なんらかの完結した作品というより、ダ・ヴィンチの膨大な記録そのものや、それをモチーフに現代の作家たちが共に作業した作品など、展示そのものを見るのが興味深かった」と付け加えた。

「文化駅ソウル284」で開かれる「Davinci Codex」展はレオナルド・ダ・ヴィンチを多角度から鑑賞する場であると同時に、好奇心を持って様々な知的世界を探求する作家たちを通じて新しい方式の展示を経験し、感じる場になる見通しだ。

ユ・アインの意味深い善行と共に開かれる「Davinci Codex」展は「文化駅ソウル284」で2016年12月23日(金) から2017年4月16日(日) まで行われる。