司会の渡部建と森高千里

写真拡大

12月7日(水)と14日(水)の2週連続で放送される「2016FNS歌謡祭」の新たな出演アーティストが発表された。

豪華ゲストを順次発表

「第1夜」にウエンツ瑛士、ウルフルズ、℃-ute、末延麻裕子、夏木マリ、林部智史、藤澤ノリマサ。

「第2夜」にAyaBambi、井上苑子、吉川晃司、クリス・ハート、KREVA、ゴスペラーズ、SHINee、水曜日のカンパネラ、Dream Ami、Flower、BoA、ポルノグラフィティ、Ms.OOJA 、水樹奈々、MIYAVI、森保まどか(HKT48)らが出演する。

さらに、豪華スペシャル企画も発表。嵐が松下奈緒のピアノと宮本笑里のバイオリンとの共演で名曲「ふるさと」を歌う。「ふるさと」は熊本県出身の作家・小山薫堂が地震の被害に遭った熊本へ思いをはせて作詞したCD未発売の曲となっている。また、Kis-My-Ft2とナオト・インティライミが「AAO」を披露する。

「第2夜」では、11組116人によるアイドル大集結コラボメドレーを。乃木坂46・欅坂46の新メンバーも初歌唱を披露する。また、20周年を迎えるKinKi Kidsのスペシャルメドレーや、話題のピコ太郎がFNSスペシャル Xmas Ver.を披露する。

さらに詳しい全容は12月2日(金)夜11時30分放送の「Love music」にて発表予定。