写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ジャガー・ランドローバーのスペシャル・オペレーションズに属するジャガー・クラシックはこのほど、約60年ぶりに製造を再開した「XKSS」を、米国ロサンゼルスのピーターセン自動車博物館で初公開したと発表した。9台のみ製造し、2017年初めにユーザーに納車される。

同モデルは1954〜1956年にル・マン24時間耐久レースで優勝した「D-TYPE」の公道仕様バージョンとして製造されていた。しかし1957年に発生した英国ミッドランドにあるブラウンズレーン工場の火災により、北米へ輸出される予定だった9台が焼失し、結果として16台しか製造されなかった。

2016年初め、ジャガーはこの失われた9台の「XKSS」をジャガー・クラシックで蘇らせることを発表。このときロサンゼルスで公開された新しいワンオフモデルの「XKSS」は、約18カ月におよぶ研究を経て作られたもので、9台のユーザー向け「XKSS」の設計のベースとなった。

ジャガー・クラシックは2014年に「E-TYPE ライトウェイト」を6台製造しており、今回の再生プロジェクトは2例目となる。オリジナルの図面を忠実に再現しながらも、燃料タンクに最新の素材を使用するなど、安全性を確保する変更も行われた。エンジンは「D-TYPE」と同じ262PSを発生する3.4リットル直列6気筒だが、新しい鋳鉄ブロック、鋳造シリンダーヘッド、ウェーバー製キャブレターが使われている。

9台の「XKSS」はまったく新しい車両でありながら、シャシー番号は往年の「XKSS」のシャシー番号に続く数字となり、販売価格は100万ポンド(約1億4,100万円)を超える見込みとなっている。

(山津正明)