『ベイマックス』が地上波初!
 - (C)Disney

写真拡大

 第87回アカデミー賞長編アニメ賞を受賞したディズニー映画『ベイマックス』(2014)が、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(21時〜)にて12月23日に地上波初放送されることが決定した。

 日本とサンフランシスコからインスピレーションを得て構想した“サンフランソウキョウ”という架空都市が舞台の本作は、最愛の兄を亡くした天才少年・ヒロと、兄が作ったケアロボット・ベイマックスの間に生まれる絆を描いた感動作。

 白くて大きな体を持つベイマックスの愛らしさに加え、監督を務めたクリス・ウィリアムズが「若い頃に日本のポップカルチャーの影響を受けた最初の世代」と自らを表現しているように、日本の看板や電柱、自動販売機なども登場しており、随所に散りばめられた日本カルチャーへのオマージュも楽しめる一作になっている。

 放送にあたり、同番組の谷生俊治プロデューサーは「クリスマスイブの前日、素敵な作品『ベイマックス』を地上波初放送できることに、喜びを感じます。『ベイマックス』は、観る人を温かい気持ちにしてくれる作品ですし、寒い日が続く今のシーズンに鑑賞するのにぴったりだと思います」とコメント。「今年は、AI(人工知能)やVR(仮想現実)が大きな話題となりました。主人公のヒロを守るケアロボット・ベイマックスはそうしたものがさらに現実化した近未来を体現した存在ともいえます。こんなロボットが近くにいたらいいなー、と誰もが願うのではないかと思います」と本作の魅力を語った。(編集部・石神恵美子)