SUPER JUNIOR ヒチョル、忘年会エピソード暴露「イ・スマン先生の一言で…」

写真拡大

SUPER JUNIORのヒチョルが所属事務所であるSMエンターテインメントの忘年会のビハインドストーリーに対して言及した。

ヒチョルは今月1日に韓国で放送されたチャンネルA「シンデレラ」で「SMが毎年、忘年会を開催する。貸し切りにしたSMのレストランで全社員と歌手、MCたちが集まる。そして個人技を披露した後、賞品を与える。7泊8日の海外旅行券が2位の賞品だった」と話した。

ヒチョルは「僕の記憶では1位は高級ブランドのバッグだった。僕は最新型の携帯をもらった。新人たちがたくさん挑戦する。全社員が見ているから頑張ってダンスを踊る」と忘年会の雰囲気を公開した。

これを聞いていたお笑い芸人イ・スグンは「スケールが違って驚いた。僕の傍に俳優チャン・ドンゴンとキム・ハヌルが座っていた。僕は苦しくなり、仕事を言い訳に離れた」と話し、笑いを誘った。

続いてヒチョルは「個人技の披露が終わると、全社員が投票して1〜3位を選ぶ。しかしイ・スマン先生の一言でランキングが変わる。『僕は3チームとも気に入ったが、3チーム全員に1位を与えることはできないのか』と話すと、MCがすぐに受け入れる。MCはSUPER JUNIORのイトゥクだ」と暴露し、出演陣たちを爆笑させた。