北野武監督メイキング写真 (C) 2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

写真拡大

北野武監督の大ヒットシリーズ『アウトレイジ』の最新作にして、監督18作目となる『アウトレイジ 最終章』が2017年に公開されることがわかり、メインキャストが発表となった。

『アウトレイジ』初日舞台挨拶で、北野武監督がトラウマを告白!

同シリーズは、北野監督が初めて手がけたシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの抗争を描いたバイオレンス・エンターテインメント。2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開され、シリーズ累計興収22億円超を記録した人気シリーズだ。

そんな『アウトレイジ』シリーズが前作から5年の歳月を経て、ついに2017年に最終章を迎えることになった。ビートたけしが前作に引き続き「大友組」元組長・大友役を演じるのをはじめ、関西最大の組織「花菱会」幹部・西野役に西田敏行、同・中田役に塩見三省、関東の組織「山王会」白山役に名高達男、五味役に光石研、組織を追う警察・平山役に中村育二、同・繁田役に松重豊、韓国大物フィクサーの側近・李役に白竜が扮し、前作『アウトレイジ ビヨンド』の“その後”が描かれる予定だ。

本作について北野監督は「シリーズ3作目でいろんなことを盛りだくさんにやっているけど、やっぱり俺の映画になっちゃうよな」とのコメントを寄せている。