1

Googleが毎年更新しているサービス「サンタトラッカー」の2016年版が公開されました。メインとなるサンタクロース追跡イベントは24日から始まり、それまでは1日1つずつクリスマス関連のコンテンツが公開されていきます。

Google サンタを追いかけよう

https://santatracker.google.com/village.html

サンタトラッカーのサイトには「サンタを追いかけよう」のメッセージとともに、12月24日までのカウントダウンがページ上部に記載されています。



ページをスクロールダウンすると、毎日1つずつ公開されているコンテンツが表示されます。記事作成日は12月2日ということで2つのコンテンツが公開済み。



コンテンツは23日まで毎日1つ公開され……



24日になったらサンタクロース追跡イベントが開始されます。



ということですでに公開済みのコンテンツを見てみます。ページ上部にある「遊ぶ」をクリックすると……



ダンスをテーマにしたプログラミングゲームをプレイ可能。「ダンス教室」と「フリースタイル」という2つのゲームモードを選ぶことができ、今回は「ダンス教室」を遊んでみます。



サンタトラッカーの「ダンス教室」をプレイしている様子は以下のムービーから確認可能です。

Googleの「サンタトラッカー」でプログラミングゲーム「ダンス教室」をプレイしてみました - YouTube

ダンス教室は先生が踊る通りにダンスするというゲーム。ゲームが始まると……



先生が踊り始め、下部に振り付けが表示されます。



先生のダンスが終わればプレイヤーの番。画面左に表示されているブロックを、クリック&ホールドで移動させて、先生の振り付け通りに並べます。並べ終わったら、ページ下部にある再生ボタンをクリック。



先生と一緒にダンスして……



見事成功。



ステージをクリアすると、次のステージへ進めます。



ゲームは全部で10ステージあり、後半になるに連れて難度が増していきます。とは言っても子どもでも遊べるレベルの難しさなので、親子でプレイすると楽しげです。



次は「学ぶ」のコンテンツ。



「学ぶ」のコンテンツを開くと、各都市がピン留めされた世界地図が表示されます。



ニューヨークをクリックすると、アメリカのクリスマスの歴史を解説。「学ぶ」は世界中にあるクリスマス文化の歴史を知られるコンテンツになっていました。



今度は「探す 北極空港」を見てみます。



「探す」では、クリスマスに向けて量産されるサンタクロースの工場を見学可能。人が左からベルトコンベアーに乗って流れてきて、中央のマシンで着替えて出てくる様子を見られます。



なお、赤いレバーでベルトコンベアーの速度を調節可能。一番右の最速に設定すると、ベルトコンベアーが高速で回転し、着替えられずに転んでしまったサンタが流れていきました。



次は1日1つずつ公開されるコンテンツを見てみます。12月1日に公開されたコンテンツの「遊ぶ」をクリックすると……



工場のような場所が表示されました。左上には「ベルトコンベアー」が1つ表示されています。



緑色のボタンをクリックすると、ダクトからプレゼントが落下。ただし、このままだと画面外に消えていってしまいます。



ここでベルトコンベアーの出番。左上に表示されていたベルトコンベアーをクリック&ホールドで以下の画像の位置まで移動させます。



再び緑色のボタンを押すと、プレゼントはベルトコンベアーの上に着地してそのまま赤い袋に落ちていきました。サンタクロースが24日に運ぶであろう赤い袋にプレゼントを補充していくというわけです。



落下するプレゼントを赤い袋に入れられたら、次のステージへと進めます。ステージが進むと使用するアイテムが増え難度も高くなるので、チャレンジしてみてください。



最後は12月2日公開されたコンテンツをチェック。



12月2日に公開された「見る」では、以下のムービーを閲覧可能になっていました。

Santa Tracker: Back to Work - YouTube

Googleの「サンタトラッカー」は、Android向けにアプリも公開中。ブラウザ版には含まれていないコンテンツがたっぷり収録されているので、気になる人はアプリもチェックしてみてください。