2日、米メジャーリーグでプレーする韓国人選手カン・ジョンホが韓国国内で飲酒運転などの容疑で立件されたことを受け、韓国では来年3月に開かれるワールド・ベースボール・クラシックに関する懸念の声が上がっている。写真はカン・ジョンホ。

写真拡大

2016年12月2日、米メジャーリーグ、ピッツバーグ・パイレーツでプレーする韓国人選手カン・ジョンホ(29)が韓国国内で飲酒運転などの容疑で立件されたことを受け、韓国では来年3月に開かれるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に関する懸念の声が上がっている。韓国・スポーツトゥデイなどが伝えた。

ソウル江南警察署は2日、飲酒および道路交通法違反容疑でカン・ジョンホを書類送検したと明らかにした。カン・ジョンホはこの日未明、宿泊先のホテルに向かう途中で車をガードレールにぶつける事故を起こし逃走した疑いが持たれている。警察によるとカン・ジョンホは事故を起こした後、同乗していたA氏が運転していたかのように装い、自身はホテルに戻っていた。A氏は自分が運転していたと話し警察の任意同行に応じたが、車載カメラの映像を確認した結果、運転者がカン・ジョンホであったことが判明した。

カン・ジョンホは11月に発表されたWBC韓国代表チームメンバーに選ばれており、メジャーでの活躍は韓国代表の看板打者として遜色ないものだ。しかし今回の事件を受け代表から外される可能性が高くなった。

カン・ジョンホは今年7月、メジャーリーグでの試合後、米シカゴの宿泊先で23歳の女性に性的暴行を加えた容疑で現地警察の取り調べを受け物議を醸した。今回またも発覚した不祥事に、韓国国内では衝撃が走っている。報道にはネットユーザーが次のようなコメントを寄せた。

「もう応援しないぞ」
「性スキャンダルまでは理解したけど、飲酒運転は理解できない。もうファンはやめた」
「知れば知るほど恐ろしい人間だな」
「朴槿恵(パク・クネ大統領)と一緒に辞任を!」

「さすがにこれは人格の問題かな。暴行疑惑に飲酒運転、次は何が出るのやら…」
「これで賭博もやったら3冠王」
「車をぶつけて逃走、ヒットエンドランのサインでも出てた?」

「ここまでひどい男だとすると、性犯罪も事実のようだ」
「野球だけうまければいいと思ってたのか?まずは真人間になれ」
「根は変わらないと言うからね」
「人気が出るのも消えるのも一瞬だな」(翻訳・編集/吉金)