写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは12月2日、一台から数十台の中小規模デジタルサイネージの導入を容易にするクラウドサービスパック「PanelDirector(パネルディレクター) for Cloudサービスパッケージ」を商品化し、同日より販売活動を開始した。

同製品は、中小規模のデジタルサイネージでもクラウドサービスを導入したいというニーズに応え、サービスの年間利用ライセンスをパッケージ化したもの。購入によりライセンスを取得すると、インターネット回線からクラウド上のデジタルサイネージの運用管理を行うためのCMS(Contents Management System)を利用できる。

CMSで作成できるコンテンツは、画像(JPEG、BMP、GIF)や動画(WMV、MPEG-2、MOV、MP4、WebM)、PowerPoint形式のファイルに加え、Webページの直接表示やタッチパネル操作などにも対応するHTML5など、さまざまなファイル形式のデータを素材として活用できる。また、コンテンツを切り替える際のエフェクト(クロスフェード)の設定も可能。

また、同時発売の専用コントローラ(別売)をディスプレイに装着することで、コンテンツの配信や、配信先を振り分けるなどの運用管理が可能。例えば、流通業の多店舗展開において、エリア(関東、関西など)や都道府県、市区町村といった単位で配信コンテンツを設定する「階層管理機能」や、店舗の属性(規模や立地条件など)に応じて付与したタグ単位で配信コンテンツを設定する「タグ管理機能」により、柔軟な配信ができる。

同社では、今後3年間で100ユーザ1000セット以上の販売を目指している。

(山本明日美)