パイロット版制作にゴーサイン (C)2013 SNOWPIERCER LTD.CO.
ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

 米ケーブル局TNTが、ポン・ジュノ監督作「スノーピアサー」をテレビドラマ化するパイロット版の制作にゴーサインを出したとDeadlineが報じた。

 「スノーピアサー」(2013)は、寒冷化した未来の地球で全生存者を乗せて走り続ける列車を舞台にしたSF映画。韓国のポン・ジュノ監督(「殺人の追憶」「グエムル 漢江の怪物」)が、フランスの人気コミックをもとに、クリス・エバンスやティルダ・スウィントン、ソン・ガンホ、ジェイミー・ベルら豪華キャストを起用していた。

 昨年、「プリズン・ブレイク」などを手掛けたプロデューサー、マーティ・アデルスタインの制作会社Tomorrow Studiosが、ドラマ化の権利を獲得。「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」の製作総指揮を務めたジョシュ・フリードマンに脚本執筆を依頼していた。パイロット版の製作が決定したため、キャスティングに移ることになる。なお、シリーズ化が決まれば、フリードマンがショーランナーとして脚本家チームを率いることになるという。