no title

写真拡大 (全3枚)

森元総理、助けにきましたよ!

新国立競技場ザハ案、サノケンエンブレムと五輪にまつわるあらゆるものを擁護してきた僕が、ついに大将のもとに馳せ参じました。守りますぞ、森会長。森会長は私腹を肥やす悪人でも、無駄金を使う無能でもないことを、最後の最後まで擁護しますぞ。僕が擁護したヤツ、全員消えましたけどね…!

どうも世間では、森会長が東京五輪にかかる金をジャブジャブ増やしているような印象になっています。森さんの発言を引き合いに「2兆円」「3兆円」とコストの高騰が指摘され、森さんが悪の権化にされている気がします。しかし、これは実のところはまったくの誤解です。そして、3兆円とかもウソです。ドンブリにドンブリを重ねたラーメン次郎のようなドンブリ勘定がひとり歩きしているにすぎません。

何故「3兆円」という話になっているのか、改めて見ていきましょう。

もともとの費用7340億円から増える予算と圧縮する組織委員会

出発点となる、招致段階の立候補ファイルでは「7340億円」という費用を見込んでいます。この費用は、大会組織委員会が負うところの「大会運営費、人件費、輸送・交通、医療サービス、広告宣伝その他いっさいがっさい」を3013億円と見込み、国・都・組織委員会で負う競技会場の整備費と合わせた額となります。この時点では組織委員会は存在していませんので、JOCと東京都によって算出された見込み額となります。

招致決定後、まず東京都とJOCが、IOCと契約を結びます。そして、東京都とJOCは法人格の「組織委員会」を発足させます。これが現在森元総理が会長をつとめる組織です。この組織は、いわば「東京都とJOCの子会社」です。現場を取り仕切る実務を負いますが、あくまでも大会運営の主体は東京都です。その点を小池都知事は意図的にか、本当に誤認しているのかはしりませんがカンチガイをしているフシがあります。組織委員会は「東京都の意志に沿って実務をこなす」のです。私腹を肥やす団体ではありません。

組織委員会が発足して以降、見込費用がドンドン増えていったことについてはいくつかの理由があります。物価・人件費の上昇という側面も指摘されてはいますが、第一には「見積もりが甘かった」点が大きい。これは主に設備費についてですが、さまざまな面で見積もれていない費用があることに組織委員会が気付いたことで、見込みコストが上がっていったのです。

例えば、「競技会場の上空から空撮しようと思ったら、羽田の航空機とぶつかる位置だった」とか。あるいは「ヨットをやろうとしたら堤防が必要だけど、堤防1本500億円かかります」とか。それによって、恒久設備費だけでも当初想定をはるかに超える額になりそう「だった」わけです。この点については「猪瀬氏とJOC竹田氏の見積もりがズサン」と組織委員会の森会長は指摘しています。

しかし、そのまんま青天井でことを進める森会長ではありません。近郊の既存施設への移転を推し進め、国内連盟・国際連盟・IOCと約2年間の交渉を重ね、設備費用を2000億円相当圧縮したのです。ここにはIOCが定めたアジェンダ2020での、「金がかかるなら、ちょっと遠くでやってもいいよ」という方針が後押しとなりました。森さんのコストカットとIOCの歩調が揃ったのです。その結果、バスケは埼玉に行き、ヨットは江ノ島に行き、自転車は伊豆に行き、多くの競技が都外に移転しました。

森会長は、費用をおさえようとしているのです。その交渉を自ら引き受けて。小池都知事のように、現実性とか、自治体や競技団体の納得とかを考えずに、「自分の金都合」だけでブチ上げたのではありません。まさに政治家というか、粘り強く話をつづけ、抵抗する相手を現実的な案で説き伏せたのです。

<真ん中のバーが一旦短くなる交渉を進めたのは森会長>

http://www.toseikaikaku.metro.tokyo.jp/kaigi02/olympic/01houkokusyo.pdf

むつみ 味自慢 絹三丁 150gx3

価格:181円
(2016/12/2 11:28時点)
感想(0件)



にも関わらず話は2兆・3兆と豆腐の数え方の世界へ

では、それだけ努力したのに何で2兆3兆という話になっているのか。実はこの2兆とか3兆とかには定かな根拠はないのです。いくらかかるかについて、設備費はある程度見積もることができますが、警備費やら輸送やら交通やらは費用を見積もるにはあまりにこまごまとして膨大であり、実際のところいくらかかるかは誰もよくわかっていないのです。

現在ひとり歩きしている額は、基本的に過去の大会の実績からの類推です。ベースとなっているのは、ロンドン五輪の費用。都政改革本部があげている額はロンドン五輪の総費用「116.78億ポンド」というものです。これは英国政府が発表した資料にて、2012年5月付けの費用見込みとして117億ポンドという数値が挙げられていますので、まぁこのくらいかかったのでしょう。

116.78億ポンドはいくらでしょうか?

先ほど現時点の為替レートで計算しましたところ、1.68兆円と出ました。いきなり2兆でも3兆でもなく1兆になりました。

しかし、都政改革本部は116.78億ポンドを「2兆1137億円」と換算しています。ここには為替レートのカラクリがあり、計算にあたって「過去10年の最小値である2012年平均1ポンド=126円と、最大値である2007年平均1ポンド=236円の中間値、1ポンド=181円で換算」しているため、2兆超えという事態になったのです。

ところが、過去10年の英ポンドの平均値は2007年が237円、2008年が193円、以降は146円、135円、127円、126円、153円、174円、184円、149円と下げ基調。10年の平均で言えば162円です。こちらの数値を採用するだけで1.89兆円と都政改革本部の試算より2000億円ほど下がります。どうしても「2兆」に乗せたかったんでしょうね。高い高いアピールのために。規模が大きいので、ドンブリ感もすごいのです。

しかも、これはあくまでロンドンの話。東京とはまた状況が違います。ロンドンではインフラ整備を含めた施設整備だけで40億ポンド(都政改革本部計算では7484億円)を投じていますし、アスリートの育成やら地域スポーツの支援やら、市内装飾などで25億ポンド(都政改革本部計算では4665億円)を投じています。「どこにいくら使うか」は東京が改めて考えることであり、ロンドンがいくらだったから東京はいくらなんてことになるはずがない。

なのに、ロンドンの額をそのまま受け取ったうえで、さらに盛りに盛っているのが都政改革本部の「脅しの3兆円」です。その計算によると、「会場と選手村を作るので7600億円くらい?」「ロンドンの額からすると運営費は1兆2000億円から1兆6000億円くらい?」「東京のほうが暑いし、会場も散らばってるし、参加者も増えそうだから5000億円くらい増えるかも?」「あと、何か予算管理が甘くて5000億円くらい使っちゃいそう」という計算で、シメて3兆円と言っているのです。

いやいやいやいや、「暑いし散らばってるから5000億円」とか「予算管理の甘さで5000億円」とかは見積もりですらありません。ドンブリの二段重ねです。要するに「いくらかかるかわかりません!」「何となく高そう!」「すごく心配です!」という話でしかないのです。そんな話で3兆円と騒いでいるものですから、四者会議の場でIOCが「そんなにかかわるわけないやろ」と発言することにもつながるのです。

<右側の解説を見ると、一番てっぺんに「類推」で1兆円のっているのがわかるドンブリ勘定>

http://www.toseikaikaku.metro.tokyo.jp/kaigi02/olympic/01houkokusyo.pdf

むつみ 味自慢 絹三丁 150gx3

価格:181円
(2016/12/2 11:28時点)
感想(0件)



いつの間にドンブリ勘定が既定路線のようになったのか?

そのようなドンブリ勘定が何故「本当にかかる額」かのようになっているかというと、組織委員会の森会長が「2兆円」という額を示したからです。ここに一番大きな2兆円の誤解があります。森さんが「2兆円」を示したとされるのは、2015年7月22日の日本記者クラブに対する会見でのこと。

こちらの会見で確かに森会長は「日本の全体の計画でいきましても当初のものより3倍くらいお金がかかっていますから、そういう計算をしていきますと、最終的には2兆円を超すのかもしれない」「何でもロンドンを見習えと言いますがロンドンは2兆5000億円でありまして、ソチは何と5兆円です」「そういうこともあえて申し上げておきたい」と言っています。2兆円の根拠とされるのはこの発言です。

しかし、この会見の全体を見れば、これは「2兆円使うぞ」という意味ではないのは明らかです。この会見を通じて森会長が話したのは、各競技団体との交渉を重ねて、費用を圧縮してきた苦労話なのです。ヨットがどうしても東京がいいと粘ったけれど江ノ島に追いやった話。サッカーがどうしても8万人収容の新国立競技場がいいと言ったのを説き伏せた話。自転車が伊豆はイヤですと言ったのはねじ伏せた話。「理想や希望をねじ伏せて、現実路線へと費用の圧縮を頑張っております」という話です。

で、最後に「野放図にやりたいことばっかり言っているとロンドンやソチみたいに大変なお金がかかりますよ」と注意喚起をしたのが先の発言。「脅しの2兆円」であり、組織委員会としてのコスト圧縮の意識に基づいて牽制をしただけの話。2兆円というのも、設備費用など目の前で手をつけたものの金額が2倍から3倍に増える傾向になっているので、全部の要素が2倍から3倍に増えたら「当初想定の7340億円の2倍から3倍=2兆超え」になりますよというドンブリ勘定にすぎないのです。

この発言を足場として豆腐の議論は進み、2015年10月28日の舛添都知事とパリ市長との会談における「このままでは3兆円になるだろう」という発言によってさらに話が大きくなります。しかし、その発言にはつづきがあります。「計算していないが、ロンドンでも3兆円ぐらいかかっている。これぐらいの心構えで、減らす努力をしていかなくてはならない」と、ロンドンの実績を基にした根拠がない額であることを舛添氏自ら明かしているのです。要するに森会長と同じで「脅しの3兆円」です。

森会長が「コストをおさえろ、2兆超えるぞ!(脅し)」とやり、舛添元知事が「コストをおさえろ、3兆超えるぞ!(脅し)」とやったら、それが事実であるかのように誤解され、何故かあとからやってきた小池都知事が「3兆超えるとはどういうことだ!」と正義の騎士気取りになっているというのが、現在の豆腐の議論。みんな脅しをかけているだけで、心は節約で一致しているのです。

四者会議での森会長の説教も当たり前のこと。小池都知事が正義の騎士気取りでやっていることを、「思い付きではなく実務」として長い時間をかけて取り組んできたのは組織委員会であり森会長なのです。森会長は最低限必要なものを洗い出して、不要な部分を切る「政治的決断」をしてきたのに、脅しの言葉だけを抜き出されて悪の権化にされている。カワイソウな人なのです。

<脅しをかけたらいつの間にか金食い虫呼ばわれされる森会長>


むつみ 味自慢 絹三丁 150gx3

価格:181円
(2016/12/2 11:28時点)
感想(0件)



これからやるべきは、2兆・3兆という額には恐れを抱きつつも、必要なものを精査して、必要なお金をかけていくというまっとうな仕事です。「3兆円かかる」なんてことは何も決まっていないのです。組織委員会の発言としては、四者会議において武藤事務総長が発言した「年内の取りまとめに向けて精査をつづけており、2兆円を切る見込みである」としたものが最新です。最新状況は2兆円を切る見込みです。

増大傾向ではあるものの、当初予算の7340億円を考えれば、まぁ実際に見積もりを始めたら1兆いくらにはなるんだろうなという話ですし、そして、その全部が無駄金ではないのです。恒久設備を作れば、のちのちの活用ができますし、建築費や人件費や運営費は結局日本&東京に落ちてくるお金。公共事業のようなもので、国と都から国民に税金が還付される構造です。丸損には決してならない。

さらにチケット収入やスポンサー収入などで数千億円が入ってくるわけで、実際に「パーティーの費用」として消えるのは、2兆とか3兆なんて金額ではないのです。そのお金で、未来に向けた街づくりや、東京という街のブランド向上、そして夢や希望が買えるなら、安いものではないですか。

「お金は問わない、しっかりやれ」

これが僕の唯一の本件に関する意見。無駄なものにお金を使うことにはもちろん反対ですが、必要なものに必要なだけお金を振り分けるのは賛成であり、それが最終的にいくらになるかは全部終わるまでハッキリしないだろうと思うのです。ロンドンの額を意識するなら、2兆・3兆という言葉に引きずられて「そこまで予算感覚を上げる」のではなく、1兆台をひとつの目安とするのがよいでしょう。現在のレートでは1兆6千億円というところのロンドン五輪実績値なのですから。減少傾向にできれば、これからの五輪にとってもいいことですし。

「街」を作ろうというのですから、その単位のお金がかかることは、おかしくも何ともないと思います。

脅しを真に受けるのではなく、必要なことに必要なだけ、お金を使いましょう。節約を意識しながら。