ご冥福をお祈りします。亡くなったケオ・ウールフォードさん
 - Tibrina Hobson / Getty Images

写真拡大

 米テレビドラマ「HAWAII FIVE-0」でホノルル警察のジェームズ・チャン刑事を演じていたケオ・ウールフォードさんが、11月25日(現地時間)に脳卒中で倒れ、28日にハワイ州オアフ島の病院で亡くなったと The Hollywood Reporter などが報じた。享年49歳。

 ハワイ出身のケオさんは、2013年にインディー映画『ハウマーナ』の脚本と監督を務め、続編に取り組んでいたところだったそう。ほかには、『ハッピー・テキサス(原題) / Happy, Texas』『フォーリング・フォー・グレース(原題) / Falling for Grace』『GODZILLA ゴジラ』などに出演。また、彼の一人舞台「アイ・ラインド(原題) / I-LAND」は、フラの伝統と文化を紹介した『ハウマーナ』のインスピレーションにもなったそうだ。

 同ドラマで共演し、ファイブ・オーメンバーのチン・ホー・ケリーを演じているダニエル・デイ・キムは、Twitterで追悼。「才能ある人だったけど、一番記憶に残るのは君の優しさだ。君の光をみんなに分かち合ってくれてありがとう。どうか安らかに」とつぶやいている。(澤田理沙)