日本人と中国人は外見こそ似ているが、考え方や習慣は大きく異なる。中国人から見ると日本人には学ぶに値する考え方や習慣があるという。中国メディアの今日頭条は11月30日、日本人の勤労精神やサービス意識、何事も妥協しない姿勢などは中国人が学ぶべきであると伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本人と中国人は外見こそ似ているが、考え方や習慣は大きく異なる。中国人から見ると日本人には学ぶに値する考え方や習慣があるという。中国メディアの今日頭条は11月30日、日本人の勤労精神やサービス意識、何事も妥協しない姿勢などは中国人が学ぶべきであると伝えている。

 記事は、日本を視察で訪れたという中国人の見解として、「日本人の勤労精神と勤勉さは驚くべき水準だった」と伝え、中国の視察団に同行した日本人たちは「朝から晩まで中国人視察団に同行していながら、空いた時間に自分の仕事もしっかりと済ませていた」と紹介。視察団の同行と自分の仕事という2つを掛け持ちしながらも、両方の仕事をしっかりとこなしていた姿に驚いたという。

 続けて、日本の「相手の立場になって考えられたサービス」も中国人が学ぶべき点であるとし、新幹線に乗車した際、車両番号や座席番号が分かりやすく明記してあったことを紹介。また、トイレやゴミ箱の場所、電話して良い場所などが「図」として明記してあったため、日本語が分からなくても一目瞭然だったと伝え、その配慮を称賛した。

 さらに、日本人の「何事も妥協しない姿勢」についても称賛し、「日本で売られている商品は偽物がないだけでなく、日本は何でも品質が高い」と指摘。例えば、日本人の家を訪問した際、「あまりのきれいさに新築かと思った」とする一方、実際は築11年の家だったと紹介。日本では「購入から1-2年で壁にヒビが入ったり、柱が変形したりするようなことはない」と伝え、仮に品質に問題があればメーカーが保障してくれるのが一般的だと指摘、このような品質を実現できるのは日本人に「何事も妥協しない姿勢」があるためだと論じた。

 そのほか記事は、公共交通機関を利用している日本人が自分のゴミを車内に放置せず、しっかりと手に持って下車していく様子や、いかなる場所でも日本人が列を作り、秩序を守って順番を待ち続ける様子を目撃したと伝え、「これは日本人の自律心の高さを示す行動」だと称賛。日本も多くの社会問題を抱え、完璧な国でもはないかもしれないが、「高度に発達した社会の背後には、中国人が学ぶべき精神が数多く存在することがよく分かった」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)