30日、ひと昔の中国では列への割り込みは日常茶飯事で問題視する人も少なかったが、近年はマナー意識が向上したことで割り込みを批判する傾向が強くなっており、関連するトラブルもたびたび報じられている。

写真拡大

2016年11月30日、ひと昔の中国では列への割り込みは日常茶飯事で問題視する人も少なかったが、近年はマナー意識が向上したことで割り込みを批判する傾向が強くなっており、関連するトラブルもたびたび報じられている。河北省石家荘市で29日に起きた騒動も列への割り込みが原因で、男女がもみ合いになった。

中国メディアによると、同市の列車駅のチケット受け取り窓口には列ができていたが、その列に若い女性が割り込んできた。自分の前に割り込んできた女性を前に大柄な男性は何も発することなく蹴りを入れ、女性を列から追い出した。これがきっかけとなり、2人はもみあいのけんかになった。報道では「女性は急いでいたため割り込んだ」と伝えているが、ネットでは「急いでいるなら説明するべき。そうすればみんな譲ってくれる」との声が聞かれた。「暴力を振るった男性も悪い」との意見もあったが、ネットでは女性を批判する声が圧倒的に多く、「女の方だって暴力を振るっている」「そもそもの原因は割り込み。自業自得だ」と厳しいコメントが多い。最終的に通報を受けた警察が仲裁に入った。(翻訳・編集/内山)