トゥルーブラッド

写真拡大

製作総指揮に『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞脚本賞を受賞したアラン・ボール、主演に1993年に11歳でアカデミー賞助演女優賞に輝いたアンナ・パキンを迎え、人間とヴァンパイアの愛を描いたスリリングなラブロマンスの『トゥルーブラッド』。今作のファイナル・シーズンのブルーレイ&DVDが本日2日(金)よりリリースとなるが、セクシーなエリック役で日本でも大ブレイクしたアレクサンダー・スカルスガルドが今までラブシーンを演じた共演者の中から一番キスが上手だったキャストを告白した。

オーストラリアのニュース番組『The Project(原題)』に出演したアレクサンダーは、今まで共演したオーストラリア人のキャストの中で、一番キスが上手だったのは?という質問をされると、『トゥルーブラッド』で共演したライアン・クワンテンだったと回答。「実は、ライアンは驚くほどキスが上手だったよ。とっても優しかったんだ。彼はタフな感じがするから、想像できないかもしれないけど、ソフトで優しいキスだったよ」と、その場にいた観客をうっとりさせた。『トゥルーブラッド』全シーズンを通じ、過激なラブシーンが話題になっていたが、エリック(アレクサンダー)とジェイソン(ライアン)の組み合わせもその一つ。

以前、当サイトでもお伝えしていたが、シリーズの撮影が終了した際にE!Onlineのインタビューに答えていたアレクサンダー。「(『トゥルーブラッド』の終了は)僕のキャリアにおいて、一番悲しい瞬間だったことは間違いないね。そろそろ役者として、次に進もうと準備を始めていたんだ。でもすごく悲しくて、赤ちゃんみたいに泣いてしまった。最後の撮影シーンまでの2〜3週間は、メチャクチャ感情的になっていたよ」と、本作が彼にとって大きな意味があることを語っていただけに、ファイナル・シーズンは絶対に見逃せない!

『トゥルーブラッド』ファイナル・シーズンのコンプリート・ボックス(ブルーレイ(4枚組)...11,300円+税/DVD(5枚組)9,400円+税)は12月2日(金)に発売&DVDレンタル開始。(海外ドラマNAVI)