画像

写真拡大 (全2枚)

 電通アイソバーのLINE ビジネスコネクトを用いたメッセージ配信プラットフォーム「TONARIWA」と「Adobe Campaign」の連携したサービスがリリース。これにより、「Adobe Campaign」上のデータをもとにセグメントし、LINE上でメッセージを送信できる。

 電通アイソバーは、「Adobe Marketing Cloud」のクロスチャネルマーケティングソリューション「Adobe Campaign」と、電通アイソバーが開発したLINE ビジネスコネクトを用いたメッセージ配信プラットフォーム「TONARIWA」が連携したサービスの提供を開始した。

 同サービスでは、Adobe Campaignの顧客情報とLINEユーザーをスムーズに連携させ、Adobe Campaign上にある顧客データや購買履歴、Adobe Analyticsからの行動履歴、商品情報、在庫情報をベースにセグメントを実施。その上でリッチなコンテンツをシームレスにTONARIWA経由で配信する。

 また、同サービスではセグメントで活用するデータをAdobe Campaignで一元的に統合させ、TONARIWAと容易に連携させることが可能なインターフェース・ツールを開発。同ツールは、電通アイソバーと業務提携しているSutrix Solutions社と共同で開発を進めており、Adobe Campaign導入時のカスタマイズやその他開発についても、同社と協業で行う。

MarkeZine編集部[著]