ついに婚約! Photo by Jim Spellman/WireImage

写真拡大

 米人気ドラマ「ゴッサム」で共演し、交際中の米俳優ベン・マッケンジーとブラジル人女優モリーナ・バッカリンが、婚約したことがわかった。米USウィークリーなどが報じている。

 マッケンジーとバッカリンは、11月28日(現地時間)に米ニューヨークで行われた「第26回ゴッサム・インディペンデント・フィルム・アワード」授賞式に出席。紫の花柄のドレスで登場したバッカリンの左手薬指には、ダイヤモンドがあしらわれた婚約指輪がはっきりと確認できる。

 今年の3月に娘のフランシスちゃんを授かった2人。マッケンジーは、先月出演したトーク番組で「フランシスの名前は僕の母からとったもの。僕たちはフランキーって呼んでいるよ。世界一可愛いんだ」と語り、バッカリンと赤ちゃんとの生活が順調であることをうかがわせていた。

 マッケンジーにとっては初めて、バッカリンにとっては2度目の結婚となる。バッカリンは、元夫で映画監督のオースティン・チックとの離婚にあたり、昨年9月、裁判所にマッケンジーとの結婚を計画していると明かしていた。現在、チックとの間にもうけた3歳の息子ジュリアスくんの共同親権を保有している。