「合コンで男の印象に残る必殺テク」4つ!美人じゃなくてもOK

写真拡大

<ミフルのGATC(Gocon And The City) vol.36>

 アナタはクリスマスのご予定は決まっていますか?

 クリスマス目前のこの時期……彼氏がいなくて合コンの予定をいつもより多く入れている方も多いのではないでしょうか?

 合コン漫画家でもある筆者は、毎年11〜12月のクリスマス前は駆け込み合コンに参加するコトも多いですが、過去11・12月だけで35回入れて“気に入った人ができてもデートする暇すらない”という本末転倒な結果を出してしまったコトもあります(涙)。

 そんな残念な経験もふくめ、15年以上に渡り2,500回以上の合コンに参加して得た、男の見極め方・成果の出し方等々、恋活・婚活に役立つ情報をつめこんだ電子書籍『GoconAndTheCity(合コン・アンド・ザ・シティ)』を刊行しました。

 合コンにたくさん参加しても、モテないと意味ないので“美人じゃなくても!? 男の印象に残るモテ女”の特徴を紹介します。是非ご参考ください。

◆1.キャラ立ちしている

 まず、最重要となってくるのはキャラ立ちしているコトです。誰もが振り返るような超絶美人でもない限り、合コンでたった1度会っただけの女性のコトを男性はすぐ忘れます。それは女性でもきっと一緒ですね。

 まず覚えてもらうコトが第一関門なので、自分のキャラを確立させるコトが大事です。例えば“ゆるふわ女子(実は隠れビッチでも)”とか“サバサバ女子(実は粘着質でも)”等々分かりやすいキャラを印象づけると男性の記憶に残ります。

 自分のキャラが分からない方はまわりの友人に聞いてみると良いと思います。

◆2.ミステリアスを演出

 次に大事なのはミステリアスを演出するコトです。なんだか難しそうに聞こえるかもしれませんが、要は“すべてをさらけ出さない”コトです。

 例えば、裏表なく何でもバンバン話すと喜ばれる場合もありますが、彼女候補ではなく友達候補に格下げされるコトがほとんどです。一方で会話には参加しつつも“確信な部分は決して話さない”女性は男性の探究心をくすぐり、モテにつながります。

 簡単に実施できる方法としては、何かを聞かれた時に「秘密〜!」と言ってみるコトですね。多用し過ぎは禁物ですが。

◆3.さりげなく褒める

 とはいえ、キャラ立ちしててミステリアスで男性の気になる存在になったとしても、昭和世代のガツガツ肉食男子でもないと“女性に積極的にアタックする”のはハードルが高いと考える男性も多いです。

 20代のゆとり世代の男子たちだと“ガツガツしているのはクールじゃなくてカッコ悪い”とか“断られるのがイヤだから自分からは誘わない”なんて考え方もあるとか。

 なので、そのハードルを下げるために“アナタに興味がある”というアピールが必要です。簡単にいえば“褒める”コトですね。褒めるところは何でもいいのですが、その人がこだわってそうな部分(体育会系男子なら筋肉とか)だと、なお良いです。

◆4.上品な露出のある服

 最後になりますが、はやりセクシャルな要素は必要です。でも胸元の空いた服とかパンツが見えそうなミニスカートでは、タダの持ち帰り対象にされてしまいますのでご注意を。

 女子SPA!の過去記事にも書かれた、カトパンが上手に見せている二の腕やデコルテのような、直接的ではない女性的な部分を品よく見せるコトが大事です。

 後は今の時期大活躍するロングブーツも男性受けは抜群ですね。ロングブーツには少し短めのスカートを合わせて、少しだけ太ももを見せるコトで男性の想像を掻き立てる効果があります。女性にしかできない服装で女性的な部分を上品に露出させるコトが重要です。

 ですが、座敷の場合は靴下や臭い等には気をつけてくださいね!

 以上4つの心得で合コンにのぞんだら、もしかしてクリスマスまでに彼氏ができるかも!?

<TEXT・イラスト/ミフル 写真/王明源>