建設・観光業などを幅広く展開するミャンマーの大富豪ゾー・ゾー氏(写真:South China morning post)

写真拡大

 軍政から民主化へと変貌を続けるミャンマー。「アジア最後のフロンティア」と呼ばれ、各国が競って進出するなど開拓市場として熱視線を注がれる中、ミャンマーのサッカー界でも大きな変化が起こりつつある。この国がかつてビルマと呼ばれていた時代にアジアのサッカー大国だったことを知る者は少ない。しかし、現在、ある大富豪の支援により、育成年代が飛躍的に成長。プロリーグも発足し、古豪復活に向けて確実に着実に歩みを進めている。

 ミャンマーの巨大財閥「マックスミャンマーグループ」の創設者ゾー・ゾー氏(50歳)がミャンマーサッカー連盟(MFF)の会長に就任したのは今から11年前。この間にミャンマーサッカーは大きな躍進を遂げ、昨年はU-20ワールドカップに初出場を果たし、1次リーグを自国開催したAFFスズキカップ2016では、12年ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。この大会は、東南アジア最大のサッカー国際大会であり、ASEAN各国が最も重視している大会の一つである。

 ミャンマーはこの十数年、東南アジアの中でもサッカー弱小国のレッテルを貼られてきた。30〜40年前のビルマ時代にはアジアでも強豪と呼ばれる部類に入ったが、その後は長い間低迷し、1996年に始まったAFFカップ(旧タイガーカップ、現スズキカップ)では、決勝トーナメントに進出したのは2004年大会のたった一度だけ。

 しかし、2005年に国内有数の大富豪ゾー・ゾー氏がMFF会長に就任したのを契機にミャンマーサッカーは再び強豪への道を歩み始めた。同氏が1990年代の初頭を日本で過ごしていたことは有名な話だ。日本滞在中はアルバイトをしながら生活し、1日20時間も働いていたという。帰国後にマックスミャンマーグループを設立。日本からの自動車輸入販売事業を皮切りに、様々な事業を展開。現在は貿易、建設、ホテル経営、鉱業などの多角経営を展開する巨大財閥に成長している。2010年末の発表時点で年商は5億USD(約555億円)。あるミャンマー人記者によると、同氏の総資産は10億USD(約1110億円)をくだらないという。

◆東南アジアのダークホースになりうるミャンマー

 そんな大富豪が支援するミャンマーサッカーだが、近年、その躍進を最も印象付けたのは、2014年のAFC U-19選手権ベスト4進出と2015年のU-20ワールドカップ初出場だろう。この他にも、23歳以下を対象とした“東南アジア版オリンピック”のSEA Games 2015で銀メダルを獲得するなど、急速に力をつけてきていることは間違いない。

 自国開始する今年のスズキカップに向けて、ミャンマー代表は約6週間に及ぶヨーロッパ遠征を実施するなど、MFFは代表チーム強化に投資を惜しまなかった。ドイツ人のゲルド・ツァイゼ監督率いる現在のミャンマー代表は、若きエースストライカーであるアウン・トゥーをはじめ、20歳前後の選手が多く、非常に若いチームで伸びしろがある。

 かつてベトナム代表を率いて、現在はインドネシア代表監督を務めるアルフレッド・リードル氏は、「ミャンマー代表は日増しに成長しており、今大会のダークホースになるだろう。」と語っており、その実力を高く評価した。

 MFFのゾー・ゾー会長がミャンマーサッカー復権を目指して、まず注力したことは育成年代の強化である。会長は長年培った経済界でのコネクションを最大限に活かし、練習施設などのハード面および指導者やトレーナーなどのソフト面の双方を整備。会長自身も積極的に投資して若手育成に尽力した。

◆FIFA・ブラッター前会長とも深い親交

 12歳以下を対象とした全国セレクションで選ばれた120人を国内4か所に分けて育成し、ドイツに3年間留学させるなど徹底した英才教育を施した。ゾー・ゾー会長は、技術面や人材面での支援を受けるため、国際サッカー連盟(FIFA)のジョセフ・ゼップ・ブラッター前会長やドイツサッカー協会(DFB)のフランツ・ベッケンバウアー副会長らとも密接な関係を築いた。海外留学を経験した選手らは、2009年に新設されたミャンマー・ナショナル・リーグの各クラブでプロ選手としてプレーしている。