客室イメージ

写真拡大

静岡・伊豆半島の南東、下田市の鍋田浜・大浦海岸の高台にある下田東急ホテルは、開業55年目となる2017年にリニューアルオープンを予定しており、現在休館して改装を行っているが、16年12月1日から「リニューアルオープン記念プラン」の予約受付を始めた。同プランの対象期間は17年3月17日から4月30日まで。

美しい景観が楽しめる高層階の客室、海の幸と山の幸

海抜56メートルの高台に建ち、南伊豆の海と伊豆七島を望む「美しい自然の景観」が魅力のホテル。リニューアルオープン前日の3月16日まで約5か月半をかけ全館改装中だ。

リニューアルでは「原点回帰」をコンセプトとし、開業当時からの風光明媚な景色を活かしながら利便性も追求した空間への変身を計画している。

記念プランは1日20組限定で、通常料金2万9600円相当のところ2万800円から利用できる(2人1室で1人分)。

美しい景観が楽しめる高層階の客室で、夕食は名産の伊勢海老や鯛などの海の幸や、山の幸を使った和洋折衷のディナーコースと、板前がつくる「にぎり寿司」や、シェフが切り出すローストポークなどを用意。朝食では、旬の地元野菜や干物など約100種類の和洋食メニューを取り揃えたブッフェが楽しめる。ワイン・日本酒などのアルコールも並ぶ。

料金は消費税込み、入湯税別。