12月17日(土)公開の映画「ぼく は明日、昨日のきみとデートする」で主演を務める福士蒼汰にインタビュー/撮影=西田周平

写真拡大

大ヒット小説を映画化した12月17日(土)公開の「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」。主演の福士蒼汰が演じたのは、等身大の大学生・高寿。小松菜々演じる愛美との恋を通して成長していく役どころで、冒頭では福士がやぼったい表情を見せているのが何とも新鮮だ。

【写真を見る】観客も恋に落ちてしまうほど超キュートな愛美(小松菜奈)/(C)2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会

■ “かっこ悪い福士蒼汰”に挑戦

「高寿は自分に自信がない男の子。特にかっこ良くもないですし、モテるわけでもない。三木(孝浩)監督とお話をして、いろいろな出来事が起きる中で、高寿が成長していくグラデーションを見せることが大事だなと思いました。監督は『ダサくていい。この映画ではいつもと違う、かっこ悪い福士蒼汰を見せたい』とおっしゃっていて、自分の中で新しい挑戦ができると感じました。最初と最後では、高寿が全く違う表情をしていると思いながら演じていました」

■ 初共演ながらすぐに意気投合

一目ぼれで恋に落ちる相手・愛美役の小松とは今回が初共演となる。

「2人での撮影が多かったので、すぐに仲良くなることができました。お互いに末っ子という共通点もあって、話しやすかったです。彼女も人見知りだと言っていたんですが、僕も以前は人見知りだったので、その気持ちもすごく分かるんです」

高寿だけでなく、観客も恋に落ちてしまうほど愛美がキュートに描かれている。

「愛美ちゃんは全部かわいい(笑)。どのシーンを取っても、魅力が詰まっています。常識もあってきちんとしているのに、ふざけるときはふざける。すごくナチュラルなんです。あと、ミステリアスなところと愛嬌(あいきょう)が混在している感じは、小松さんが持っている魅力にも通じているのかなと思って。愛美役に本当にぴったりだと思いました」

何とか彼女に近づこうと奮闘する高寿。その頑張りは、自分自身も共感できるものだとか。

「僕も恋愛をしたら、その人と一緒になるためにすごく頑張ると思うんです。すぐに諦めたりはしないかなと。そういう一面は高寿と同じかもしれないです。『好きだ』と思ったら自分からアプローチしたいと思うタイプです。つらい恋だと分かっても、それでも頑張る気がします。自分の気持ちにはうそをつけないので気持ちが砕けるまで頑張ると思います」

■ 理想の男性像は父親

映画タイトルにある「明日」と「昨日」。時間が操れるなら、行きたい未来&戻りたい過去はあるだろうか。

「過去は、この世界に入る前に戻ってみたいです。役者になるとは全く思っていなかったので、大学に行って、日本と海外をつなぐ仕事をしていたと思います。そんな自分も見てみたいです。未来としては、自分が父親になっているところを見たい。僕の理想の男性像は父親なんです。父は僕のやることを一度も否定したことがなくて。それってすごいこと。僕もいつか、父のような父親になれたらうれしいです」

ふくし・そうた='93年5月30日生まれ、東京都出身。O型。'17年には主演映画「ちょっと今から仕事やめてくる」(初夏公開)や、映画「無限の住人」('17年4/29土公開)に出演。'18年にも映画「曇天に笑う」「BLEACH」と主演作2本の公開も控える