「スプリング、ハズ、カム」
ポスタービジュアル (C)「スプリング、ハズ、カム」
製作委員会

写真拡大

 落語家の柳家喬太郎が映画初主演を務め、「E-girls」の石井杏奈と親子役で共演した「スプリング、ハズ、カム」が、2017年2月18日から東京・新宿武蔵野館で公開されることが決まった。

 同作は、妻を亡くし男手ひとつで娘を育ててきた肇(柳家)と、大学進学を機に広島から上京し、一人暮らしを始める娘の璃子(石井)が織り成す物語。璃子の部屋探しのため町を歩く中で、璃子はぶっきらぼうだが人情味あふれる父の愛を知り、肇は少女から大人の女性へと成長した娘との別れを覚悟する。小旅行のような町歩きを通して、父と娘が互いをより深く理解していくさまを、おかしくも切なく描いた。

 劇場公開決定とともにお披露目されたポスタービジュアルは、空を見上げながら幸せそうにほほ笑む肇と璃子を中心に、様々な登場人物たちが2人の旅の行方を温かく見守る姿が印象的な仕上がりに。公開された場面写真では、肇と璃子がたこ焼き屋の店前でたこ焼きをつつく仲むつまじい様子を筆頭に、向き合いながらテーブルに座り、ある一点を見つめてうっとりしているシーン、そして引っ越し先の家の壁に軽くもたれかかり、新しい生活へ思いを馳せながらも、どこか切ない表情を浮かべる璃子の姿が写しされている。

 2人を取り巻く人物たちとして、人気声優の朴ろ美をはじめ、「東京03」の角田晃広、「アルコ&ピース」の平子祐希、石橋けい、ラサール石井、山村紅葉らが出演。朴を主演に撮り上げた自主映画「あかぼし」で注目された新鋭・吉野竜平が監督・脚本を手がけ、15年・第28回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に正式出品された。新宿武蔵野館での公開のほか、地方では喬太郎落語会に合わせて順次巡業公開を予定している。