イケメン農業男子役に挑む山本裕典

写真拡大

 今年4〜6月にテレビ朝日系で放送された連続ドラマ「不機嫌な果実」の3年後を描くスペシャル版「不機嫌な果実スペシャル〜3年目の浮気〜」(2017年1月放送)の新キャストとして山本裕典、南沢奈央、MEGUMIが出演し、栗山千明、市原隼人、高梨臨、稲垣吾郎らおなじみのメンバーが演じるドロドロの浮気騒動に参戦することが明らかになった。

 「不機嫌な果実」は林真理子の同名小説を原作に、夫・航一(稲垣)に不満を募らせる人妻・麻也子(栗山)が、夫以外の男との関係に溺れていくさまを描いた不倫ドラマ。スペシャルでは、連ドラ版で禁断の愛を育んだ音楽評論家・通彦(市原)と再婚し、派遣社員として収入の少ない夫を支えてきた麻也子(栗山)が、自立しようとしない通彦との生活に再び不満を募らせていくことに。一方、航一と交際している麻也子の親友・久美(高梨)の中でも、別れた後も麻也子ばかりを褒める航一への不満が増殖。訪れる新しい出会いとたまりきった不満が、彼らを“3年目の浮気騒動”へと導いていく……。

 山本が演じるのは、麻也子の心を奪う農園家・相馬宏人。久美のワインバーに野菜や果物を卸している、野性的で思いやりのある農業男子という役どころとなり、山本は「素敵な肉食男子を演じたいと思います。こういった役どころはあまり経験がないので、思い切って楽しみたいと思います!」と意気込みを語る。

 また南沢は、通彦が非常勤講師をしている音楽大学の学生・神崎葵役で出演。将来を相談するうちにだんだんと通彦に惹かれていく役どころで、「すでに紆余曲折あった、複雑な人間関係の中に、新たなカラーとして加わるのはとても覚悟が要りますが…、私自身も新しい顔を見せられるように、神崎葵を演じたいと思います」とコメント。さらにMEGUMIは、麻也子の新たな「恋愛」に大きな影響を及ぼす謎の女性・夏希として登場。「すべての女性が必ず持つ2つの顔を生々しく表現したドラマです。女性は笑いながら、男性はドキドキしながらご覧下さい」と語っている。(編集部・入倉功一)