画像

写真拡大 (全2枚)

 Facebookとアクシオムは、アクシオムが提供するオフラインでの消費者行動データやライフスタイル属性データを活用したFacebook広告のターゲティング配信ソリューション「パートナーカテゴリ」の提供を日本でも開始した。

 Facebookとエンタープライズ向けデータ管理・分析事業を手掛けるアクシオムは12月1日、Facebook広告のターゲティング配信ソリューション「パートナーカテゴリ(Partner Categories)」の日本での提供を開始した。

 パートナーカテゴリでは、アクシオムをはじめとしたオーディエンスデータプロバイダーが提供するデータをもとに、広告配信を行うことができる。広告主はパートナーカテゴリを利用することで、オフラインでの消費者の行動をもとにFacebook上でのターゲティングを行うことが可能になる。

 なお、パートナーカテゴリはパワーエディターや広告マネージャといったFacebookの提供する広告管理ツールから誰でも利用することができる。

 今回の提供開始に先立ち実施したテストでは、国内大手不動産ポータルのキャンペーンにおいて、ノンターゲティングと比較して広告想起で顕著な上昇(+17%)が見られた。

 また、同サービスによる対象者の絞り込みを行ったところ、シェア・オブ・マインドが通常配信対象ユーザーと比較して高いことから、より見込みの高い顧客層へのリーチに有効であることが確認された。シェア・オブ・マインドとは、消費者の心の中でブランドや商品が占める割合のこと。

MarkeZine編集部[著]