スマホ連携はもちろんウォッチ単体でもアクティビティをサポート

写真拡大

au(KDDI)は、サムスン電子製のスマートウォッチ「Galaxy Gear S3 frontier」を2016年12月上旬以降に発売する。約1.3型(360×360ドット)フルカラー表示の円形ディスプレイを前モデル「S2」から引き続き採用した「リアルウォッチデザイン」。IP68防水と米国防総省の軍用規格「MIL-STD-810G」準拠の高い耐久性と堅牢性を持ち、様々なシーンでより安心して使いやすい機能とデザイン性を備える。

auショップ、auオンラインショップ、KDDIおよび沖縄セルラーの直営店で取り扱い。

auショップ、auオンラインショップ、沖縄セルラーの直営店などで

気圧/高度計に加えGPS機能を搭載し、スマートフォン(スマホ)と接続せず単体でランニングやゴルフなどのスポーツ、キャンピングやハイキングなどのレジャー活動をサポート。スピーカーを内蔵しているため、電話の応答も可能だ。

容量380mAhバッテリーを内蔵し、通常モードで3〜4日間、省電力モードでは4〜5日間の電池持ちを実現。また「Watch Onlyモード」なら残量5%でも約10時間の利用が可能だという。

ホームボタン3回押しで、指定の連絡先に位置情報とSOSメッセージを送信できる通知機能を搭載する。

対応スマホは「Galaxy」シリーズがAndroid 4.3〜、そのほかはAndroid 4.4〜。メモリーは768MB、内蔵ストレージは4GB。IEEE 802.11 b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2をサポート。

カラーは本体がスペイスグレイ、バンドがブルーブラック。