恋はしたいけどやる気が出ない…恋愛モードにならないときの対処法

写真拡大



彼氏がほしい、といえばほしいけど…。ん〜でもいらないといえば、いらないかな…?…なんてフクザツな気持ち、経験したことのある方は多いのではないでしょうか?「彼氏がほしい!」とハッキリいえない恋愛OFFモード。いったい、どうすればONにできるのでしょう?

■●自分の生活パターンを見直してみる

彼氏が欲しいという気持ちに積極的になれないのは、もしかすると、自分の生活パターンに原因があるのかもしれません。たとえば、夢中になっている趣味があって、毎日忙しく、自分の時間を確保するだけで精一杯!なんてときは、「彼氏ができたら時間をとられるだけ」と考えてしまいますよね。

でも、ずっと彼氏がいないのはさすがに避けたいはず!そんなあなたは、自分の将来を長い目で見て、どこかに時間のゆとりが持てないか、検討してみるのはどうでしょう?思い切って、時間のかかる趣味を一休みしてみたり、もう少し短時間でリフレッシュできる方法を考えてみたり、本当にいまの生活がベストかどうか、見直してみるといいかもしれません!

■●彼氏作りを意識せずに、人と会う機会を増やす

「さぁ彼氏を作るぞ!」「出会いを見つけるぞ!」と意気込むと、ちょっと疲れてしまいますよね。そんなあなたは、出会いを意識せずに、自然な心で人と触れ合う機会を増やしてみるのが◎。

趣味関係で繋がるのもいいですし、職場の集まりや、季節のイベント、ボランティアなんかもおすすめです。いい出会いがすぐには見つからなかったとしても、いろんな人と触れ合えば、いろいろな価値観に触れることができ、自分の内面育てることができますよ。何ひとつ損はないので、ぜひ新しい世界に飛び出してみましょう。

■●女としての魅力に磨きをかける

「彼氏を作る!」と、本気モードじゃないときは、ついつい、メイクも髪もスキンケアもいい加減に…。ギクッとしたあなたは、非恋愛モードがさらに、非恋愛モードに拍車をかけているのかもしれません。

たしかに、時間と手間がかかりますし、それが恋の実りに直結する保証もありません。しかし、素敵な出会いがあったときに、それをモノにできるかどうかは、普段の自分磨きにかかっている!これは事実です。常日頃から気を使って、自ら恋愛モードのスイッチを入れていきましょう。

■●過去と未来を考えてみる

これまでの恋愛経験を振り返ると、いい恋ができなかった…。そんな気持ちも、恋愛に積極的になれない理由のひとつ。でも、過ぎたことは過ぎたこと。過去の恋愛が、これからの出会いに、なにか悪影響を与えるわけではありません。

自分が恋愛で失敗したと思えることは、つぎの恋愛に活かすことができます。○○でダメだったから、つぎは△△にしよう!という経験値を得ているのですから、「また嫌な思いをするのが不安だな」とネガティブにとらえるのはやめましょう。その失敗を活かせる!とポジティブに考えてみましょうね。

■●おわりに

心のどかで、恋愛が面倒に思えてしまう…そんなときは、自分と身の回りに、少し新鮮な風を吹かせてみましょう。案外行動してみると、気持ちも楽に、彼氏作りに積極的になれたりするものです。みなさんもまずは、できることからはじめてみませんか?(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)