現在27歳の千葉雄大、制服姿に違和感なし! (C)2017「ReLIFE」製作委員会

写真拡大

 俳優の千葉雄大が、夜宵草氏の人気漫画を中川大志&平祐奈のダブル主演で実写映画化する「ReLIFE」に出演していることがわかった。主人公・海崎新太に社会復帰プログラム「リライフ」への参加を持ちかけるリライフ研究所職員・夜明了を演じている。あわせて、夜明に扮した千葉のビジュアルが初公開。27歳の夜明は10歳若返る薬を飲み、17歳の高校生として海崎を監察するため、スーツをまとった大人びた姿と制服を着て高校生になり切った2バージョンを披露している。

 スマートフォンアプリ「comico(コミコ)」で連載中の、2000万ダウンロードを突破した人気漫画を、「クローバー」の古澤健監督が実写化。社会復帰プログラム「リライフ」の被験者に選ばれた27歳のニート・海崎(中川)が、薬によって10歳若返り、高校生として1年間生活する姿を描く。

 夜明は、海崎の生活をサポートする一方で、鋭い指摘も入れるドSなキャラクター。千葉は「海崎さんとの関係性がとてもおもしろくて、同世代のようでいて、時に年上のようでいて、ツッコミを入れられる年上のようでいて、と変幻自在な人物に見えるので、フワフワ、キリッと臨めたら、と思います」と役の魅力と意気込みを語る。劇中で17歳に若返る点については、「17歳に近づけるように若作りしています」と明かした。

 中川、平、千葉のほか、高杉真宙、池田エライザ、岡崎紗絵らが出演する「ReLIFE」は、2017年4月15日から全国公開。