写真提供:マイナビニュース

写真拡大

北野武監督の人気シリーズ『アウトレイジ』の3作目にしてフィナーレを迎える『アウトレイジ 最終章』が、2017年公開に向けて制作されることが2日、発表された。

裏社会の男たちの抗争を描いた『アウトレイジ』は北野監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、累計興行収入は22億円超を記録。2010年の『アウトレイジ』、2012年の『アウトレイジ ビヨンド』に続く本作は、北野監督にとって18作目の作品となる。

前作に引き続き、「大友組」元組長・大友役にビートたけし、関西最大の組織「花菱会」幹部・西野役に西田敏行、同・中田役に塩見三省、関東の組織「山王会」白山役に名高達男、五味役に光石 研、組織を追う警察・平山役に中村育二、同・繁田役に松重 豊、韓国大物フィクサーの側近・李役に白竜らが出演。前作『アウトレイジ ビヨンド』の"その後"が描かれる。シリーズ初登場のキャストは、後日発表されるという。

今回の発表に伴い、北野監督は「シリーズ3作目で色んな事を盛りだくさんにやっているけど、やっぱり俺の映画になっちゃうよな」とコメント。シリーズを手掛けてきた森昌行プロデューサーは「北野映画の本流を感じさせる作品です。歯止めがきかない権力闘争の中で、憎しみや悲しみを描きながらも、エンターテイメントとして充分楽しめる娯楽作品に仕上がると思います。ぜひ、ご期待ください」と呼びかけている。

(C)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会